自衛隊北吸桟橋 舞鶴市

赤レンガ博物館から市政記念館・まいづる智恵蔵に寄り、地下歩道を利用して南側に渡り、自転車・歩行者専用道の散策道をR27号線沿いに西に進むと散策道側にトーチカを見る。更に進むと自衛隊桟橋に自衛艦の姿が確認できる。西舞鶴側から五老岳トンネルを抜けて下ってくるR27号線は府道565号を左に見送り、大きく右に曲がり東走して直ぐ舞鶴港を見るが、海の蒼より、桟橋に停泊中のグレイ一色に彩られた自衛艦を車窓間近に望み、エキゾチックな港町・長閑な漁港とは違った、緊張感さえ漂う軍港都市舞鶴を実感出来るスポットでもあります。
画像

海上自衛隊舞鶴地方隊の北吸桟橋は、土・日・祝祭日に限り訓練等の諸事情が無ければ、一般公開されており事前予約なしでも見学出来ます。海上自衛隊舞鶴地方隊施設への門を入ると守衛に案内を請うまでもなく 正面に対応の隊員が立つ見学受付の机があり、住所・氏名等の受付を済ませ見学者用の受付プレートを首に掛け、目前に見学者を迎えてくれる護衛艦”すずなみ”に向う。北吸桟橋には此の日:6~7隻(隻でよいのか?数え方を知らない!!・・?)が停泊しており、護衛艦(114)”すずなみ”と(154)”あまぎり”が、西方には(124)”みねゆき”と(?)??同型の護衛艦が並ぶ。護衛艦まつゆき・補給艦ましゅう (否公開)も東隣に停泊していた。”まつゆき”の旭日旗の先に富士型の愛宕山(笠松山)の印象に残る山容が見える。
画像

自衛隊病院が麓に有り・山頂部は泉源寺大谷城の山城跡。泉源寺周辺の高屋城・金比羅城等とともに訪城は考えているのですが・・未訪。この日は各所を廻った後・自衛隊病院前を素通りしてランチの食事スポットへ急いだ・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック