小野小町

北丹波R9号線でも見かけた百人一首の読み札の看板。”生野の里”は「大江山 いく野の道の遠ければ・・」小式部内侍の歌で知られ、其の母であり、恋に生きた情熱家?和泉式部の伝説・伝承地も多いところ。大江山の麓? 元伊勢内宮皇大神社にも和泉式部の歌塚(宝筐印塔)がある。福知山市”小野脇の里”にも絵札の
看板を見る。此方は情熱家というより烈女?、女流歌人で六歌仙の一人・絶世の美人と謳われた小野小町の伝説がのこされています。
画像

全国にxx小町・小町xx・・の名を冠して数々の伝承等が点在する中では、知名度も低く、まして醜女として現れた小町伝説を知る人は少ないのかも・・旅の途中で病にかかり、顔は赤く腫れ上がり・手も痛々しく、瘡蓋(かさぶた)が出来て、哀れな姿でこの地に迷い込んでき女の姿に、一夜の宿をと・泊めてくれる家はありません。しかし親切な村人から薬師堂に泊るよう教えられ、人目を避け村外れにある”湯の谷”の出湯で身を洗い療養を続けるうち、日に日に瘡蓋はとれ元の美しい姿になりました。
   湯浴み池側の鉄分を含んで鉄路の様に赤茶けた溝の色が、有馬温泉・金泉湯の様で効能有りそう!!
画像

小町がお堂の薬師如来と和歌で掛け合った「歌かけ薬師」は市内久昌寺に祀られ、平癒した顔を映した池は小町神社(今安)にあり、小町が旅立ったとされる 4月18日には小町まつりが行われるという。
湯あみの池等は霊験・薬効有りとして「薬師の水・薬師の湯」の名を冠し、其の多くは薬師信仰の伝説が残っているものですね。薬師信仰等・宗教活動の一環として、類似する伝承は登場人物や対象に神仏は変わっても、全国・どこの地域にも伝承は存在する様です。同町内!?正明寺には旅の僧(実は弘法大師!!?)に水を与えなかった為・谷の水が枯れた「弘法水」の伝説は、枚挙に暇がない程・・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック