山田城 福知山

JR福知山駅を発した鉄路が、山陰本線を外れて、篠尾新町からR9号(山陰道)を越えて下篠尾へと鉄道の引込み線が延びているのが地図上では判るが、走行中の車や・列車からは、おそらく気付く人も少ないかも?・・西日本旅客福知山電車基地で、昭和55年(1981~)頃から始まった建設工事に先立つ基地敷地内の予備調査では、標高80mにも満たない低丘陵の拡がる一帯に、多くの古墳と中世の城郭遺構4つが発見されたています。
画像

”福知山市史”にも紹介されている石井城(篠尾城!)・篠尾向段城(篠尾砦)・消滅したとされる狸谷城と、市史からは記載漏れ!!だが、「Web市遺跡情報地図」には載せてあった山田城で、前の三城は・最近のブログに紹介済ですが、いずれの城も城フアンの関心を集める事も無いまま、殆ど訪城レポートを見ないまま藪の中に埋もれ・忘れ去られている古城。
 埋もれた空掘は切岸さえ低く隠し、上り土塁(中央)も空掘仕切り土塁?の様!!
画像

四城は僅か300~600m程で丘陵尾根続きに繋がる近距離に有り、此の山田城から石井城への幅狭い尾根上には、長い土橋・土塁状が直近まで延び、二つの城が繋がっている様にも思える?。小さな谷を囲む様なU字状?の城域を東西に分ける大きな堀切等遺構は見ないが、西郭に本丸と思える切岸加工の小曲輪と数段の帯曲輪が付く。帯曲輪を割って落ちる竪堀もある。
  城域外へ延びてゆく土橋は土塁道ともなり、折れを伴うは横矢掛の意識か?
画像

東郭部の広い曲輪も帯曲輪・腰曲輪を持つが低い切岸下に空掘を廻し上り土塁(仕切り土塁?)が曲輪間を繋ぐ。埋もれた空掘・段差も無い平坦地形だけの曲輪・土塁も無い山城の多いなか、知名度数%?・市史にも知られない城砦に、想像以上の縄張りの大きさ・残存遺構に期待出来そうです。藪の薄い時期に改めて再訪、山田城~石井城間を改めてトレースしてみれば・・発見が有るのかも・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック