宅原城 神戸北

長尾交番前交差点を左折して、神戸電鉄三田線「道場駅」方面に進み、250~300m程進んだ鹿の子台北町のT字交差点北側に位置する独立低丘陵の頂部に単郭の宅原城が在る。東西50m・南北60m程の主郭の四方を低土塁で囲み北端中央に、虎口(幅1m程)が有り、土塁の片方は内側に折れを伴う。尾根筋に堀切等は無く、虎口から下方へ延びる短い緩斜面も削平の無い?自然地形のままだが曲輪遺構の一部と思えます。先端は城域西面から北面へ深いコンクリートの溝谷(深さ2m・幅1.5m程)に落ちる。北へ下る小さな谷は池跡?の様に抜かるんでいるが、直ぐ下方に民家が有り、此方からが大手道か?。
 土塁虎口:手前土塁は内側に折れ・低土塁は外側の傾斜面と土塁の盛上り高低差が効果的に切岸を形成する
画像
宅原城の城史は不明ですが、荒木平太夫の居城(出自不詳)と云い、この際の陣城ではなかったかとも窺われます。また城跡内には”伊賀守信貞”顕彰碑が末裔のxxx氏により建立され、宅原領主とも記されているが歴代領主等の時代は不明・姓氏の記は無く宅原氏なのかは不詳ですが、茶臼山(此処より西方に茶臼山城<上津城>が在る)や石山本願寺との戦いに関する記述もあって、織田方に付き三木合戦後に摂津三田の地に帰農した一族のよう?。
画像
当地領主の城砦が陣城として改修されたと考えても、緩斜な自然地形の丘陵部・周囲に堀切・空掘等はなく段曲輪や曲輪を区分する段差や土塁等も無い。ニュータウンとして開発された鹿の子台北町のどこかに古城が存在していたのかも、しかし皇紀2千600年云々の結びには、俄かに信じがたいが…!!。清和源氏の先祖:源経基の裔と云い、其の嫡子に摂津:多田源氏の祖:満仲も三田氏にはいくつかの伝承が残るが!!、有馬摂津の宅原領主の中世史は、城史を含め・勉強不足・資料不足?の為に未だ不詳です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック