藤ノ木橋物語 丹波市

丹波市柏原町からのR176号線は柏原北交差点で二分し、南多田バイパスを稲継に出てR175号と合流して春日町に向うルートと、柏原北交差点を直進して福知山線沿いに山裾を走るルートがある。JR福知山線沿いのR176号は石生(いそう)駅南で高谷川に架かる小さな橋を渡りますが、気付かれる人は少ないかも?。「水分れ」の標識やモニュメントも有るのですが!!、日本一低い谷中分水界が此処に有ります。高谷川沿いに水分れ橋・おおかみ橋・藤ノ木橋があります。三つの橋の風習・伝承は次回に纏め・水分れ公園駐車場前の藤ノ木橋と藤棚を設けた小広場!!?・に残る伝承を・・・・
画像

藤ノ木橋を渡って姫の元に通ってくる若者は・・実は大蛇の化身であったと云う・・・よく有る大蛇伝説の一つ・・・・藤の蔓(つる)が延びて橋を塞ぎ、蛇の化身の若者は二度と姫の元に訪れて来る事は無かったと云う。縁切り橋ともなっているのですが・・・周辺に在る城史不明ながら縄張りも特異な石生西河原城と、遺跡分布図等には空白の四ノ山砦(天ヶ嶽砦)を先にホームページとブログに紹介済みですが、気になる丘陵部に城砦遺構を探してみようと訪れた際にも通った藤ノ木橋の伝説です。帰路に渡ったもう一つの橋は次回に・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック