杉田玄白顕彰碑 小浜市

高速自動車道の無料実験開始から半年・やっと舞鶴若狭自動車道を走ってみた。行きたい処は山々(城々か?:最近は山城廻りが殆ど・・・)ですが、今日は奥方のサービスに徹するつもり・・?
後瀬山トンネルを抜け出れば・其処は小浜城の全身:後瀬山城の登城口。遊歩道整備されている愛宕社の先・畝状竪堀群も確認したいので今回は残念。小浜市役所前に「杉田玄白記念公立小浜病院」が在り、正面玄関前に医服姿の玄白像が立つ。
画像

病院名は江戸時代の蘭学医:西洋医学の先駆者として「解体新書」を著した杉田玄白が小浜藩であったことに起因するという。車道を挟んで向いに人気の無い中央公園が有り、樹木に隠れるようにSLが展示保存され、小さな公園の中央にも杉田玄白顕彰碑と、此処には二本差、堂々の立ち姿の銅像が有る。顕彰碑が立っていたので玄白像かと思ったが、勤皇の志士で安政の大獄に獄死した梅田雲浜(人物詳細不詳・人の駅の案内説明が欲しいところ!!ですね)という。玄白は江戸牛込の小浜藩酒井家下屋敷に生まれ、幼少期(7~12歳頃まで)小浜で過ごしたが、以後は一度だけ(55歳の時)藩主に随行して若狭路に来ただけと云うが・・。
     玄白の像ではなく尊王攘夷派の梅田雲浜の像でした。
画像

海と陸の要衝地に近世城郭:小浜城を創築し、町割りを行った京極氏の名は余り示されず、その後に入封された酒井忠勝一色の案内標が目立ち過ぎ‥!!。徳川将軍三代に仕え、老中・大老職を歴任し、将軍を補佐した幕府の重鎮。それだけに常に江戸幕府に出仕し、藩主として小浜に帰る事は少なかった様です。有名な人物だけに顕彰は地元:小浜に残した足跡を知りたいところですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック