遠阪城 丹波市

丹波市の”丹波八宿 青垣の秋”の行われた11月3日は、丹波市最奥・但馬国境の遠阪峠にむかう遠阪集落の先、R427号を分けて今出親水公園へ左折すると、今出裸祭りが行われる熊野神社があります。秋の大祭の今日は無料のシャトルバスが佐冶のメイン会場から出ているので利用させてもらいます。
        二連の竪堀
画像

5~6年前遠阪城の存在を知っていたので山城ついでの山行で、オオジャレ~粟鹿山(粟鹿峰)へ往復縦走した。あまりにも急峻な谷と枝尾根上の遠阪城を、尾根末端から取り付くには危険なほど。今回は裸祭りに合わせた無料のシャトルバス利用なので谷筋から城址の往復だけを考えます。とは言っても此の山城の手強さは、殆ど訪城の記録を見ない要害。
     主郭南下から土塁を挟んで三重の堀切が防備を堅める
画像

親水公園の「今出せせらぎ園<蕎麦が有名になってきた>」背後から鹿猪除けフエンス沿い谷筋の山道を利用するが、谷筋は城址とは離れ・山道は消え胸突く激急斜面と悪戦苦闘して主尾根に登り着く。主尾根から城址に向かう枝尾根も、足掬う急斜面。草木の手懸りでもなければ、下方の尾根筋が定まらない斜面を降るのは至難。
   南郭の南端:土橋と二条の<下方で一本となる>片堀切
画像

谷入口の麓からも城址までは急登。この様な要害の枝尾根中程に比較的平坦な地形が続く。広い所で幅10m足らずの尾根上に、単純に曲輪を並べるだけの山城ですが、東斜面に集中する竪堀・細長い尾根筋を削り落として土橋とした片堀切は、いずれもが「超」の字が附く程の大竪堀となって深く・長く斜面を落ちる。しかも下草・羊歯類もなく疎林の中では、そのスケールが充分観察でき、主郭から南には尾根筋を三重連の堀切で固めた遺構とともに土の城の遺構が楽しめます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック