加古川の源流:きとくんなはーれ祭

丹波市内の青垣・氷上・山南を流れ出て加古川に合流する佐治川が、治水事業政策からなのかは知らないが、加古川の名に統一?され、県下一?と総延長距離は長くなったが、氷上の歴史の重み喪なった丹波市と同様に、旧佐治の流れも・加古川と名を変え、丹波を代表する自然の愛称が消えて幾年になるのだろう!!。
画像

その現:加古川の源流・但馬国境に位置する粟鹿峰(粟鹿山)の南山麓に拡がる神楽地区・丹波市最北部の青垣町大名草(おなざ)に向かう。この日(2010/11・14)同町内ではJAでも大規模なイベントが重なり・人出で賑わっていたが、素通り・・空には岩屋山からテイク・オフしたパラグライダーが舞っている。殆どの機体のランデイング地点となる側の橋を渡り、高源寺(丹波もみじ三山の一)下を抜けると、直線道路先の大名草集落に「愛菜館おなざ」が在る。
画像

但馬側生野から黒川温泉を越え、また播磨多可郡からも通じていて・簡易道の駅として、食事や美味しい和菓子等を土産代わりにと、地元農産物・加工直売所を利用していた。
此処:愛菜館を会場に数年前(もう8年以上になるのかナ?
画像

小さな名も無き谷一つにも・其処には其処の息吹きを感じるものですが、大きく成り過ぎ・其の位置さえ雑駁な”加古川の源流”ですが、「蕎麦処」の幾つかの店も知られてきた山里・渓流のアマゴが代表する??青垣町大名草は”加古川の源流”のキャッチフレーズに適所の様です。
画像

氷上郡を出て・丹波市に帰って来る以前から手作りイベント”きとくんなはーれ<来てくださいね>祭”が此の時期に開催されていた様な!?・・・もう7~8年以上続いて恒例行事として定着している様。
神楽保育園児の 合唱・よさこいソーランや氷上西高校!の和太鼓の披露・丸太切り競争・・・と続くが、先日:裸祭りが行われていた熊野神社の紅葉と”今出せせらぎ園”蕎麦を楽しみに、開場を後にした。
今出熊野神社のブログとマップは此処→http://40437108.at.webry.info/200911/article_3.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック