丹波・隠れ紅葉の名所Ⅰ 高山寺

丹波の紅葉三山として古くより知られた青垣町の高源寺・氷上町の円通寺・山南町の石龕寺、今年からは氷上町の岩瀧寺まで、此の時期は”お寺さん”の意向とは関係なく、地元の地区自治会か・商工会等により入山料や駐車料金まで徴収するようになってしまいました。寺周辺の美化・景観保全や植樹育成等に使用されるのであれば、丹波市や地元の活性化にでも繋がれば・・まだ協力を惜しまず・我慢も出来るのですが・・・・登山・伝承や伝説・年中行事等ではHPやブログでいろいろ紹介してきた事に、最近は後ろめたささえ感じます。丹波霧の展望名所の五台山への登山口となる岩瀧寺は、どうやら通り抜けるだけでも入山料が必要かも・・?
画像

バス等で廻る団体観光客にとっては目的地に行った事だけで問題は無いのかもしれませんが、古刹・美しい自然の景観の中での安らぎは、地元に居乍ら他の場所に求める事になりそうです。
殆ど知られていないスポットの紹介には、少し抵抗を感じながらも観光バスでは入って行けない所なら・・・
弘浪山高山寺は山号が示す通り、山門から望む南方の峰:弘浪山(4等 520m)山上に在り、今も苔生す石垣・石段・歴代住職の卵塔も残っています。
画像

源平・南北朝・天正の乱へと・・寺は幾度も城郭化され・戦乱の兵火に罹っていますが詳細はHP高山寺城で・・・
山上の寺への厳しい参詣が不自由な事から麓に移設されたのが今の高山寺です。源:高山寺からは、此処も低山ながら氷上盆地を望む丹波霧の展望名所の安全山(名の所縁は不詳ですが、珍しい山名ですネ)へ登れます。最近はパラグライダー全盛:此処から飛び立つ姿など殆ど見かけないが、ハンググライダー基地でテイク・オフのランチャー台も残っていた様な?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック