小谷城 朝来市

先にヒメハナバチの日本一の群生地として知られる楽音寺の天満氏館をブログに紹介したが、この北隣にある比高20m程の低丘陵に在る小谷城に寄って来た。実は県立考古博物館の行政地区マップに見る小谷城の位置はここより更に北側に舌状に流れ出す低丘陵部に位置して、小谷城が標されているのですが?。
      北方からの攻防に備えた竪堀か?
画像

東直近を通る街道筋や与布土川に正対せず、直ぐ山道となる比高10m程・要害とも思えない位置よりは、楽音寺の北に突出す丘陵部に点在するハス子(ね)古墳群のテラス状が、県考古博物館の行政地区マップの遺構分布地図の資料コメントからは、古墳より城址の可能性が有りそうなので、確認してきたところです。楽音寺に在る天満氏を祀る天満宮が此処にも在った。しかも社裏手から直接・短い竪堀を上がると小谷城南東の曲輪間に入る。登城用の堀底道は自然と虎口を形成しているよう。天満家衛の孫小谷太郎家茂が拠った城か?。
画像

和田山町の東和田城に見た城遺構にも三つばかり・幅10m程の円型マウンドを堀で区切る形の縄張りが、此の小谷城にも有った。但馬地方は茶すり古墳のHPにも記したが、古墳の密集地帯・・・?。6~10m程の中規模円墳にも周濠をもつものがあり、小谷城も其のテラス(墳頂マウンド)を曲輪とし・周濠を空堀としたものと思えます。此処では小谷公民館と教照寺の北向いの丘陵上に位置するハス子古墳群を縄張りに取り込んだ遺構を小谷城として紹介。遺構分布地図の別位置に示される”小谷城”も後日:確認は必要なのですが・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック