隠れ紅葉の名所 Ⅲ  円応教

丹波市山南町に整地・本部を置く宗教法人「円応教」ですが、教団や教えについては地元にあって良くは知りませんが、当初は教祖生誕地近くの小学校と菩提寺近くの小さな教会!!から・・
        バス停から続く桜並木を五法閣へ
画像

久下地区から篠山川に架かる山崎橋を渡って小川地区に入って直ぐ 大きく切り開かれた丘陵南端部に本殿や教祖墳墓・霊廟・供養塔が、本殿の南側には施設造営中に発見された古墳(円応教智覚山1~2号等横穴式石室)から出土した石棺が、此処に移転・白い玉石で覆われ”大地の後親”として祀られています。
      本殿・廟所の背に露岩に錦を纏う丘陵が迫る(芝生公園に遊具も置かれて・・)
画像

聖地内へは東から車道が通じていますが、重厚な城とも想像出来そうな五法閣(五法の意味するところは知らないが)からエレベータも利用出来ます。・・・・とはいっても信者でもないので気楽に入ってはいけないかも・・?
五法閣内ロビーの奥に 人工滝の池庭を眺めながらの喫茶も有って時には利用させてもらっています。広く・大きく・静か過ぎますが、近くに良い喫茶店もないので・・ 
円応教西北の低丘陵裾に窯跡が有り、出土した″宗太郎焼”だったか?が数点、所蔵・展示してあった様な?
画像

もう梅雨が明けたかナ・・?と思われる7月中程の早い時期・丹波市で最初の花火大会が催されます。教団立教の円応祭(感謝祭)の奉祝花火なのですが、地元民にとっては嬉しい恒例のプレゼント。篠山川沿いの田園地帯の中の農道に、三つ道具(防虫用具・懐中電灯・椅子かマット)に団扇を用意して三々五々、集まってきます。家に居ても見えないことは無い?のですが!!、月の例祭15・16日だったか・・10数年前までは随分参拝の信者さんで賑わっていたのですが、不景気は人の心のもちかた・拠りどころにまで・深く影響をあたえているのかな‥?
秋の紅葉というより春の桜の名所・・・ですね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック