隠れ紅葉の名所 Ⅸ  丹波竜発掘現場

篠山市から丹波市山南町へは川代峡谷(昔から?川代渓谷と呼ばれていたが、漢字の意味からも峡谷の呼ぶ方が正しいと思えてきた‥)沿いに、JR福知山線と併走する峡谷を抜け出た所で、福知山線と交差して踏切を渡る正面に、丹波竜発掘現場見学用の広い専用駐車場が見えています。
      丹波竜見学駐車場:恐竜化石のオブジェ?
画像

丹波竜をモチーフにしたものか?赤い恐竜の骨?の様なオブジェが立つ駐車場から、篠山川と田圃の間に延びる一本の農道を西に向かう。
画像

篠山川両岸の岩盤にポットホールを見つけたり・・・・、板パネル丹波竜の歓迎を受けて、レンガ造りの旧久下村営水力発電所に着く。大正年間・村営により自力で建設された県下でも2番目だったか?の古い発電所ですが、荒れるがまま放置され、崩壊を待つだけだったが、丹波竜の発見により外装だけは復元・保存されています。
画像

平成18年8月7日:1億4千万年~1億2千万年前・白亜紀前期の篠山層群地層から大型草食恐竜(竜脚類 ティタノサウルスの1種)丹波竜が発見されたが、国内では最大級の恐竜という。
画像

第5次発掘調査(2010・11月)が始まったばかりですが、いよいよ:長い首の部分や・胴・脚部のj発見に期待したいところです。ボランテイア・ガイドの説明では、これまでに発見された化石の状態から、肉食恐竜に食い散らかされ、広範囲に散らばっている可能性が高いといい、思わぬ場所で貴重な発見があるかもしれないとも。小型動物の発見にも・カエルの完全な全身骨骼も有って期待される。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック