松倉城 丹波市

延喜式:山陰道(出雲道)の丹波最後の駅屋(”うまや”の佐冶宿)から遠阪峠を越えて但馬に向かう街道筋(R427号線)沿いには、全国「足立」姓の元祖足立左衛門尉遠政が築いた本拠城の山垣城と、その城塞群が点在しています。
画像

以前に紹介した余りにも峻険山城の遠阪城・峠に差し掛かる【今は北近畿自動車道が遠阪トンネルに向い街道筋(R427号)を高架で跨ぐ】付近には、三方の尾根筋に堀切・竪堀を備えた曲輪を配置した田ノ口城の外、北近畿自動車道建設工事で消滅した幾つかの城砦が、其城の山垣城を囲んで守備しています。
画像

殆どの城は遠阪川と併走する街道筋(R427号)とは・遠阪川を挟んで東側(左岸)に在りますが、此の松倉城だけ?は右岸の丘陵尾根先に在って、街道筋を眼下に監視出来る位置にある。山上に秋葉社を祀る10X15m程の平坦地が主郭で、背後を土塁と堀切で遮断する単郭の極小規模の砦ですが、山麓の谷間には広い削平段が有る。田畑や造林のための造成だけとは思えない!!?。松倉城(砦)や対岸の中ノ谷城(消滅?)・中佐治城(消滅)・田ノ口城・山垣城へと、いずれも至近距離内にある諸城とは対岸に在って、有事の際の派兵・分配配置の要も有り、足立氏一族の家臣団武家屋敷?や駐屯地ではなかったか?。もっとも太平洋戦争時等の食糧難には・民家のすぐ裏手にあり・畑地等に開墾・転用はされていたのでしょうが・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック