西野々砦 篠山

京都・亀岡方面から天引峠を越えて、丹波篠山市(旧多紀郡)に入る延喜式に云う古代!山陰道(京街道:現・R372号<デカンショ街道>の要衝は、兵庫丹波で最初の宿場町:福住に着く。
  西野々砦に唯一遺る!?堀切・土塁の遺構
画像

R372号線で京都府境の天引峠を西に降ってきた最初の集落が西野々で、県道303号が合流しR372号は籾井川沿いの田園風景の中を走る直線道路(バイパス道)が、大阪・能勢方面から天王坂を降ってきたR173号線と合流する安田西交差点まで続くが・・・
    堀切側土塁から妙見堂・稲荷社を祀る曲輪跡?
画像

旧国道372号(山陰道・京街道・篠山街道)は・最初の西野々交差点を左折して、安口(はだかす)地区の集落内を抜ける街道筋が、丹波特有の妻入り民家・商家が並び、一里松・本陣跡・福住宿の中を通る。此の要衝の街道筋最東に位置した西野々の玄関口を監視する見張りの砦として西野々砦が在りました。
民家が並ぶ旧国道(丹波街道)・北の丘陵沿いに籾井川が流れ、現:バイパス(R372号)が田園地帯を走り抜ける
画像

西野々砦が多紀郡を領した波多野氏に付いた安田(籾井)城主丹波の青鬼「籾井氏」配下の城砦として、籾井川を挟んで北西の安口城・安口西砦と呼応していたと思われますが、京都府側境に近いだけに、西野々砦・安口城・安口西砦の三城は・一時期・都を制した三好長慶軍や、天正期に入っては織田信長の天下布武による「丹波平定」に対して防備補強に努めてきた明智方の付城群の一つとして使用されたとも考えられます。藩政の頃の安口は亀岡藩の領地・安口城の西・本明谷が籾井川に合流する住吉神社付近では篠山藩と亀岡藩が年替りで領地域を東や西?xxmを領地移動して確保したという。篠山藩主が代わる際・亀岡藩へ異動している例からも、このような事が可能となったのでしょう?。なを亀岡藩は氷上郡(丹波市)春日町の一部も領していました(織田家の柏原藩領内の多くが天領となっていた頃かは未確認ですが!!?)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック