淀山城 篠山市

京都から亀岡を経て篠山市へ”デカンショ街道(R372号線)”が通じます。延喜式の山陰街道は京街道・丹波街道として交通・文化の基幹で、京都・丹波・播磨や但馬方面への要衝です。西国街道の摂津池田・茨木や、川西方面からは妙見街道・能勢街道(R173号線)が天王坂を越えて篠山から綾部・福知山方面へ向かいます。
  主郭北の大堀切東下方に横堀・竪堀がL字状に繋がる遺構があるが在地領主による縄張りなのか?
画像

此の能勢街道(R173号)と京街道(R372号線)の交差する東面を”丹波の青鬼”籾井氏が、R173号の北方面には”荒木鬼”細工所城の荒木氏が、R372号を西の篠山市街に向い小野の峠【山陰道の駅家(うまや)小野駅が在った処】を越えると淀山城を本拠城とする波々伯部氏の領地。
 主郭切岸(8~10m)西下には帯曲輪外面を露岩を削ってまでもの土塁や竪堀もある
画像

波々伯部氏もまた丹波多紀郡では古参の在地豪族で、八上城波多野氏の台頭で、その傘下に組み入れられた重臣として、七組の一方の旗頭として活躍し、籾井氏が京からの東口を押さえ、さらに波々伯部氏が加えて・摂津能勢方面からの通行監視の八上城東口を押さえて、京街道(デカンショ街道)を挟んで南に東山城・南山城・畑市城の支城を築いています。
    主郭南面の土塁とニノ丸(祠跡の礎石が残る)
画像

波々伯部氏の領内?日置を過ぎると、一挙に左右は田園地帯の平野が拡がり、波多野氏の八上城(高城山)も近い。篠山城築城400年祭記念に整備され市民登山・城址説明会もされた由、参加できなかったが再訪してきた。今まで・ニノ丸から西の田圃側へ降りていたが、伐採倒木で下降道は塞がれていた。登るに楽な侵入路と考えていたが、農道へは侵入禁止なのかも。石組み井戸の外にも・もう一箇所井戸跡があったり、竪堀も観察し易い。元来た整備道を引き返した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック