野間の”力石”  豊能郡

名所:”野間の大けやき”の駐車場をベースにして、野間氏の城巡り途中:其処此処の路傍に石造文化遺産を見かける。国道と交差する野間中の交差点を直進する”能勢の妙見さん”へと野間峠に向かう府道脇に、地蔵尊種子板碑をみて進む。
画像

左に成就院への道は、目前の低丘陵上に野間新城(野間中城跡)が在る。右へは狭い地区集落内の道を南へ入ると野間氏屋敷【野間氏発祥の地の顕彰碑が立つ】に向かう。此の野間中石房の辻(交差点)に阿弥陀・六地蔵磨崖仏力石が在る。此の力石は太古より石占として存在し、時代が降るにしたがい”力試し”として、盛んに鎮守の森や村の辻で行われ、若者たちの力自慢が成されたという。能勢地方に限らず力石や郷土の力士の四股名と思える名を記した墓碑と思われる石碑を、街道筋脇の墓所でない箇所で見かけますね。道祖神的役目を担っているのでしょうか?此処にも力石の側に、名を記した小さな石碑と、能勢妙見への町石(八丁)もある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック