隠れ紅葉の名所14 柏原八幡Ⅱ

丹波市柏原町のランドマークは木の根橋か?それともJR福知山線柏原駅の駅舎なのだろうか!?。大阪花博際のイベント会場内の足となっていた駅舎が移設されています。
      木の根橋と観光案内所・正面が柏原八幡社の杜
画像

駅前には”田ステ女(江戸時代・加賀の千代等と並び、元禄四俳女の一)”の童女の像が迎えてくれます。定時間になると近くで”つつじ太鼓”をイメージした太鼓櫓からは、カラクリ時計が歌曲「丹波のあした」のメロディが終わると共に、織田家の家紋”織田木瓜”を染め抜いた幕が上がり、武者姿の人形が太鼓を打ち、扇を持って舞う姿が見られます。
画像

柏原藩織田家の陣屋が置かれていた所で、地元民・子供たちも立ち止まって、10分ほど続く長いショーを見ています。此の前から北へ・真っ直ぐ進むと丘陵に突き当たり左右に道を分ける。欅の大木の太い根が川を跨いで橋となっています。之も柏原のシンボル木ノ根橋。側には昭和初期のレトロ建築(旧役場)が建つ。木ノ根橋側には観光案内所が建つが、これも小島省斎の旧宅・藩塾跡を移したもので、島崎藤村「破戒」の主人公:瀬川丑松のモデルで知られる大江磯吉氏(柏原高校校長)や、音楽教師として赴任してきた犬童球渓の下宿先でもありました。   
画像

正面鳥居を潜り・石段参道を登る頂に柏原八幡神社と三重の塔が建つ。神仏混淆の名残をとどめるのは全国でも18例を数えるだけとか・・・・!! 神社の前には有名な:丹波佐吉の狛犬(現在修復のため長期!?入院中です)。
    三重の塔から北西へ降りてくる山麓の神社の紅葉・丹波攻めの悲話を伝える弁天社も建つ
画像

昔からのランドマークはやはり柏原八幡宮ですね。三丹一(丹波・但馬・丹後)の厄除大祭で知られますが、其の厄神社の前に立つのが初代:磯尾柏里の狛犬像。磯尾柏里氏の作品は柏原藩陣屋の御殿横に立つ像(長らく馴染みの場所から・歴史資料館:田ステ女記念館の北隣に、小島省斎顕彰碑・・・等と共に移設されました)がよく知られます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック