豊地城 小野市

滝野社ICから中国自動車道沿いに走り、県道564号(学園道路)に出る。つい数年前まで加東市のクリニックへと・通い慣れた道。県立教育センターの標識を過ぎた付近”依藤野”の地名標識を見て、直ぐ先でカーブしながら長い坂道を下る。坂道を下り始める地点に冷泉・依藤塚が有る。旧赤松氏家臣:依藤氏は嘉吉の乱に細川・山名の幕府軍と戦い、城山城落城を知り自刃。
     観音堂の在る西郭の空堀跡
画像

其の後:赤松家再興に尽力し東条谷を領有して豊地城(依藤城)を本拠に勢力をもつが、応仁の乱に際し赤松政則が山名氏との真弓峠(朝来市生野町)に大敗すると、新赤松家臣団筆頭に座す別所氏に東播の覇権争いに負け衰退。さらに・・依藤氏の動向は不明ですが‥三木合戦の初等・・三木細川荘の領主:冷泉為純・為勝父子が別所氏に攻められた際・冷泉家の執事であった依藤太郎左衛門が、援軍に駆けつけますが、結果敗走して依藤坂で主:冷泉為勝と共に自刃した依藤氏終焉!!の地。
画像

依藤塚からの下り坂が緩やかになる田園地帯のなか・東丘陵に小沢城(依藤城)がある。享録3年(1530)の別所氏と戦った依藤城は平城の豊地城ではなく・防御性の高い山城の小沢城に拠ったものと推察されます。県道75号線と合流して西走・小野市に入って所。東条川が大きく蛇行し、中谷川が合流する地点に豊地城が在る。
     八幡神社を囲む土塁線
画像

依藤氏の本城だったとされる平城で、観音堂の建つ西郭に堀跡・東側に田圃を挟んで高さ4~5mの高土塁が遺る主郭部へと内堀跡が延びる。その東に鎮座する八幡神社域が周辺の最高所で、依藤氏時代の主郭が在ったところか?。豊地城は依藤氏の後に入った別所重棟により大規模改修されているようで、今回(H21~)の調査により堀跡の他・大量に出土した瓦からは、戦国時代の県下には三木城・置塩城・御着城・端谷城・有岡城(伊丹城)等の有力城郭にのみ使用されている瓦葺建物だけに、今回:貴重な発見となっています。引き続き調査予定が神社東周辺の外堀跡付近らしいが、東郭か依藤古城の主郭だったか‥?新発見に期待したいもの!!・・・です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック