ガンジョウジ城

城山トンネルを東へ抜け出た正面に仰ぐ向山連山は、ヒカゲツツジや山裾に日本一低い分水界のあるところとして知られます。北方の霧山(西波多野氏の氷上城?)から天王坂・権現山(赤井直正初陣の野山城)を経て、延び出す尾根の南端に此の城山が位置して、氷上郡(丹波市)を東西に分け・氷上盆地を南へ高谷j川が加古川へ、東側には向山連山の山塊を挟んだ僅か500m程の狭間に、由良川源流の黒井川が流れ出る分水界を成しています。
画像

眺望に優れ・山陰道の要衝でもある領内監視と分水界をも一望出来る軍事的にも要地は、特に黒井城攻めでは西・南方の喉元を押さえる双方にとっての最重要拠点です。山頂付近一帯には削平地や土塁等の遺構が残っており、室町時代・永正年間(1504-21)頃は穂壷城主:荻野(赤井)景遠!や、その穂壷城を攻略した波多野宗長・宗貞父子の館跡だったのか、古城主は穂壷(稲継)城の稲継壱岐守の砦とも屋敷跡ともいわれますが、雑木と下草薮の覆われ、全体像は勿論・僅かながらの砂地の起伏さえ、曲輪や土塁と思われる遺構を確認出来ない荒れ様の山頂一帯は、櫓台跡と思える三角点付近の土塁を除いては、広く平坦に削平整地され城山展望所として公園かされています。
   点名:石生(4等三角点:向山・城山) ガンジョウジ城(横田城・向山城)山頂の櫓台土塁
画像

現状は一曲輪だけの主郭部も、東側:春日町(黒井城側)が高く2~3の曲輪が、西南側は通路か帯曲輪が南尾根に沿って延びていたと思うのですが!!?、今となっては北の櫓台土塁や案内板の立つ南端の切岸、其の南尾根下や・西尾根上の無線中継施設・配水施設のタンク付近に城関連の平坦地形を感じるだけ!!。整地以前よりは広く感じる櫓台以外に、唯一の城遺構と思える北尾根鞍部の片堀切(堀切道)も、熊野神社から通じるハイキング道として手が加えられ・切り開かれているのかも?。一目で山城と見えるガンジョウ城(横田城)も登る人さえ極端に少なくなった展望台。霧山に明確な山城遺構が認められないだけに伝説の西波多野氏の幻の氷上城が、霧山か・此の向山(点名:石生)にあったものか、探索と夢は追い続けていきたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック