天神ノ尾城 三田市

三田市大原地区には「お姫山城」の別名を持つ大原城が在り、主郭に祀られる姫山神社には武庫川を挟んで南に在る貴志城に嫁いだ大原城のお姫様の伝説が残ります。
画像

姫君の父は:鎌倉時代の文永年間 (1264-73)頃・紀伊国近衛家の公卿で藤原(大原)上野守宗隆といい、大原の里に住み姓を大原と改称します。此の上野守宗隆を先祖とする:長い黒塀と生垣に周囲を囲まれた豪壮な屋敷が有った。以前のブログ大原邸で店名は伏せて紹介した純和風レストランとして改装されていますが、その前も料亭だった所。
  土塁に囲まれた主郭内部も崩れ埋まってか判然としないが2~3区画はされている様だ!!
画像

平日でも女性客に人気のお店を出て、隣接する大歳神社の裏手に続き山道は、直ぐ丘陵尾根の南端部を分ける様な空堀と大土塁で囲まれる平坦地形に着く。天神ノ尾城と旧資料には城名があるが、三田市史等・教育委員会資料では、明確な城遺構とは云えない。・・・判然としない縄張り構成や遺構に・・天神ノ尾遺跡として載せてあった。市史に載せてあった縄張り図しか手元になく、詳細記事内容は亡失し・思い出せもしないが・・縄張り図では単郭とされる城域外の緩斜な北尾根筋にも曲輪跡とも思える平坦地・櫓台状土壇?も見るが・・防備・警護の設備としては機能を果たし切っていない中途半端さに疑問が残る‥

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック