石部神社と皇塚古墳

加西市のランドマーク 「いこいの村はりま」の山上に建つ展望台を真南約4kmに望み見ながら、西脇市方面からは県道24号線から河内南・別所町を抜けて県道370号に入り、加西市上野町の石部神社に着いた。石部神社には二つの加西市指定文化財がある。
画像

一つは本殿に向かう正面石段両脇の巨大な杉で、天平(奈良)時代:人皇第44代元正天皇の養老3年(719)安芸の宮島(広島県)厳島神社より御分霊を勧請された神社で、延喜式に記される式内社です。祭神市杵島姫命鎮座の直後に記念として此の杉が植えられたと伝えられ、石部神社門杉【市指定(昭和45年5月01日)文化財】は本殿正面に位置するところから門杉と呼ばれ、史実なら1300年杉!!で、巨木は根廻り約5m ・高さ約30mはある。
画像

神社背後の三津山101m山頂には皇塚古墳(円墳で竪穴式石室)市指定(昭和46年3月30日)文化財】がある。古墳のスケール等詳細データは例!?のコメントの件もあり、此処では省略しますが、現地に行けば神社からの案内標識と案内板完備です。神社神域一帯は「石部の杜」はツツジの丘。竹林を抜け・ピンクの花が咲き競うツツジの林を廻る春の散策の楽しみも・もう直ぐ・・・? 近くに広原城を探訪の途中に寄ったが、肝心の山城は遺構も・城域も不明!!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック