友尾山城 西脇

築城時期や目的・城主等の城史が不明の城は多いが、城の伝承も遺構も無く・なぜこの様な場所に在るのかは、往時の山越えの通行ルートや時代背景等を知らない。山歩きでは遺跡分布地図等の資料になく、伝承等・地元で存在自体も不明の城址を発見したり、調査実施等詳細は不明ながら・遺跡分布地図に記載されている城を探訪してみることはある。
先日訪ねた猪名川町の木津城も、低丘陵の尾根末端付近の比高も・さして急斜面でもない尾根上に平坦地形が延びるが、何処までもが城域なのか堀切や土塁・切岸加工された曲輪等の遺構を見ない。要衝監視の砦にしては、要衝の街道側と反対の斜面に数段の平坦地をみるだけ!!?.。
画像
友尾山城も門柳川が加古川に流れ出る地点に在って、加古川沿い街道の要衝と、門柳川沿いに妙見山系の峠越えで、丹波市や篠山市に出れば京・摂津に繋がるルートなので、間道監視の砦とは思えますが遺構が不明の城。友尾山の二つのピーク(南峰・北峰)を主体として、点名:前坂への門柳川に並ぶ尾根上に平坦地形が点在するが、遺跡分布図の城の適用欄には堀切・石列の遺構が有るとあり。南峰はピークに切岸のない平坦地形が一ヶ所、放送中継施設の建つ北峰との間の鞍部に堀切が有ったのかも?・・・現状では痕跡?も不確か。北峰もピークに施設を囲み石積み・石列は在るが、施設建設時のもの。石材は周辺に豊富にあるが、建設時に独自に集積されたと思えないほど多量で、積み方や、使用されている石の古さ・大きさも違う様。
   上方に中継施設を囲む石積・直ぐ下方に石積み?(自然のものか?周辺に露出する石材は多い)
画像

施設建設に伴う調査によるものとは思えますが、往時にものを転用して積直しされたものか情報知らず不明。此れ等施設の石積みの下部や直ぐ下方に石積み跡の石らしいものを見る。ただ石積み加工するほどの曲輪にしては、周囲に付属の腰曲輪や帯曲輪、点名:前坂側へ延びる尾根筋側に虎口状や、平坦地形を区分する堀切・土塁状が無い?。城址は西脇市(旧多可郡)にあって旧西脇市との境。津万郷(黒田庄町)の領内監視とも思えず、西脇市も旧多可郡にあって、加古川を挟む対岸(西山裾)の島村城や南方の比延山城等と、呼応・対峙した砦だったか。山城として訪ねる人も殆どいないが、秋谷公園へ、更に白山~妙見山への縦走も楽しめる展望コースながら、藪山を歩く登山者も皆無?。遠目にも山城雰囲気を持つた山容です。西南山麓に岩室露出の喜多友尾山古墳群Bや県道を隔てて釣鐘状にし城山城もあり、秋谷公園・東はりま日時計の丘公園・フオルクスガーデンと庭園・JA特産館等、それなりに四季を楽しめるスポットが近場にはありますよ・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック