篠場城 丹波市

丹波竜発見・発掘調査中の現場に近いJR下滝駅を出ると正面に丹波竜親子の愛らしい姿のモニュメントを見て、県道77号線に出る。東北約350m程に下滝城、県道77号線沿いに西へ向かうと上久下公民館(丹波竜関連情報の発信基地になっている!!?)がある。北東隣に山裾付近には村上奥太夫屋敷跡とされる、4~5段の平坦地(曲輪)が”それ”だとされます?。
        北郭の低土塁
画像

久下公民館背後の低丘陵は西方300m程で県道沿いに断崖状に聳立して迫り出して、先端部の西南端を県道に落とします。西100m程にも同様の尾根が張り出し県道に先端を落としています。二つの尾根に囲まれた山間の集落は、嘗ては全戸、今も村上姓が大勢を占める篠場地区で、海と無縁の山里ですが地元には村上水軍に関る末裔の伝承も残る。足利尊氏の忠臣:久下氏の郷なので、伝承としては否定する根拠はありませんね?。
       南郭から細いが平坦地形の北尾根が延びる
画像

集落内を流れる篠場川が県道・JR線を潜り篠山川に流れ出ます。篠場川沿いに篠場峠を越え柏原町側の下小倉へ抜ける山道は昭和年代まで使用されていた旧道ですが、久下氏全盛時代には小倉庄も領地でした。延喜式山陰道の77号線沿い要衝と篠場地区出入口を監視する篠場城(砦)が此処に在りました。城史不明ながら、玉巻城(久下城)城砦群の一つだったのでしょう!?。村上氏の砦であったかは確証できませんが、北尾根筋は激急斜面ですが村上奥太夫屋敷側山麓からは、比較的楽に尾根上に到達出来そうです。
        南郭・北郭中央付近の堀切
画像

断崖上の南郭と緩斜面の細い尾根筋が延びる北には三方を低土塁で囲った様子の遺構を遺す北郭、二つの郭を結ぶ平坦地形で幅6~8m程の細長い尾根筋の中程が堀切で遮断されている遺構が篠場城です。城か砦かの区分を知らないが、それより主郭部が南郭なのか、丹波市では陣城以外は殆ど例が無い・低土塁ながら曲輪三方を囲む遺構の、築城主や目的を知りたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック