香良城Ⅰ 丹波

丹波の”もみじ三山”に加え、昨年「隠れ紅葉の名所として、紹介するつもりだったが止めた岩滝寺は地元自治会によるものか?、時節には入山料を徴収する観光寺になってしまった様。寺側の意向に添ったものとは思えないが・・。「ふるさと兵庫50山」で知られるようになった五台山への登山口に在り、五台山・鷹取山や今回の香良城へも自由に通り抜け出来なくなったなったよう?。
    香良病院の背後に鉄壁の香良城(西岩山)
画像

独鈷の滝の大蛇伝説・浅山一伝斎(寛永9年(1632)の御前試合に勝って剣名を轟かせています!!。北は仙台藩・南は薩摩藩に至るまで、その流派は全国20余藩に伝承され、今も警視庁流の中に受け継がれていると聞きます)が修行した処。
   香良城主郭北:堀切状に見える岩稜部のコルに咲く馬酔木
画像

奥行15m程、高さは12~3mの洞窟の中に祀られる浅山不動尊。茅葺の本堂から春秋の草花を愛でる岩滝寺は真言宗大覚寺派の尼寺。素晴らしい環境や景観・見どころ・歴史や伝説の地を山とともにPRし過ぎた功罪か?。ただ物見遊山で自然が荒らされないことを願うだけ。岩滝寺から独鈷滝への林道を挟んで、毘沙門堂へ向かう苔生す参道がある。鹿除けフエンスを開閉して、石垣・石積み・石段の残る堂宇跡の最上部にも石窟が有る。
  香良城から五台山登山道に延びる林道から(藤ノ目渓谷上流)
画像

此の前:極楽坊跡!?に”香良城址・西岩山山頂”の標識があるが、正面左手への急斜面・右手の荒れた斜面・右手東端の幅狭い露岩の尾根に、入山者の踏み跡は薄い・・・が、いずれも尾根筋を辿れば西岩山(香良城)に行き着く。香良城についての再訪レポートは後日・HP更新後に紹介したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック