六十内城

先日は和久川沿い(丹後街道・丹波街道)の北に位置する姫髪山城を訪ねたが、今回もT氏・M氏より姫髪山から北方への尾根続き、牧川沿い(山陰街道)を見下ろす位置にある六十内(むそち)城への同行を誘われ出掛けた。
此の日は六十内城の次に寄るだろうと思えた和久川側の山崎城傍を抜け十三丘(とみおか)集落から牧川沿いの9号線(山陰街道)に出たが、十三丘集落からJR上川口駅へと牧川を渡らずに山陰道を東西に通じる間道があり、対向車を気にしながらの幅狭い林道然の間道を抜け出た所が上川口駅のある六十内集落。
   六十内城:主曲輪から北面の腰曲輪
画像

城史も不明だが現状の荒れ様からは、つい見逃してしまいそうな城遺構も、T氏・M氏によって実測されていく。市遺跡分布図によると六十内城には土塁・石垣さえ確認されている様ですが、先日の姫髪山南主尾根の城址さえ再調査で”城ではない・・”となると、完全に六十内城も遺跡地図の城遺構からは消え去る運命にあるのかも・・?。集落で出会った人からも城には「行った事は無いが・・」城址の認識度は高い。福知山市街地の城との関連を推定される方もいる。
目立たない極小規模曲輪遺構より、熊の引掻き傷が痛々しい立木が目立つ
画像

南北朝期の和久合戦等に関わる城だったか?。登城コースとした熊野神社の奉斎者名に桐村姓が有るが、この地に多い桐村氏は鎌倉時代末期:常陸国から天田郡金山郷に来住した大中臣那珂経久が子の宗経が金山氏(主家)を・盛経が桐村氏(庶流)を名乗って、大呂地区に金山城・桐村城を築いている。戦国期には庶流の桐村氏が台頭し主家の金山氏を押さえて統治していく。この大呂地区への入口が六十内城北正面山麓の牧川・9号線(山陰街道)の野花を望む。戦国期には丹波守護代:内藤氏(八木城主)の幕下で活躍したが、 塩見・横山氏に属して黒井城主赤井氏の天田郡侵攻の抗争に敗れ、永禄年間には衰退した様だが、丹波平定後の明智光秀により旧領地を回復し、やがて帰農し此の地に土着したと思われます。ただ姫髪山城関連の北方の守り・城砦と思うと、考え方を改めなければ・・・丹波志(天田郡)や市史に無名の城址は城史も不明・見事な遺構を遺す城址も開発の名に消滅・・記録には残されるでしょうが、正式な遺構の報告書が無ければ・此の小さな砦城は存在した記録さえ消されるのかも?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック