ベル・ピーマンと三寶寺の紅葉

丹波悠々の森は、南北朝期の嘉暦2年(1327)足利高(尊)氏の臣で、一時:南朝に付いた。山名氏が管領のときに丹波守護職にもなった仁木賴章が築いた佐野城(高見城);【←リンク:高見城からは丹波霧の里・霧海も楽しめます】への登山口にあり、林間の四季折々風情を楽しみながら、此の入口から拡がる森の中に、天井高い大きな羨道・石室を見せる古墳群の墳丘を、ログ・コテージやログ・レストラン、キャンプ場が点在する。
画像

森のなかに在って外観・内部ともに天井も高いログハウスのレストランは、窓辺に四季の樹々の色や風の変化を感じながら、静かに過ごせる落ち着けるスペースです。
画像

レストラン前の散策・舗装道はバンガロー・キャンプ場の進むが、道を挟んだ右手に林の中も古墳が点在する。内一基は羨道の奥の岩壁が玄室部を覆い落ち込んでいるようですが、珍しくも!!?玄室内の石棺がそのまま閉ざされた状態で遺っているのが分かる。キャンプ場内には弥生時代をイメージした掘立て柱の住居が数軒建てられているのも、此れ等古墳群が一帯在ることからの学習機会なのかも・・?。
画像

悠々の森を入口まで戻ると、広い駐車スペースの北西から三寶寺と墓所に向かう参道を進む。山門から寺までは左右が紅葉のトンネル・・。此処は丹波の紅葉三山のうち石龕寺円通寺の間に在りながら、余り知られる事も無く静かに紅葉観賞が楽しめる所でした。
画像


以前の三寶寺のブログ 
2010  http://40437108.at.webry.info/201012/article_2.html
2008  http://40437108.at.webry.info/200811/article_22.html
2007  http://40437108.at.webry.info/200711/article_28.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック