野村城 Ⅱ

丹波市の栗住野城や篠山市の大山城の平城や大渕館(土居ノ内)の居館等、平野部に在って珍しく遺構が残る野村城(野村居館)が、黒井城攻めの付城群が東西に並ぶ低丘陵部の北側に在る。城域の北西隅は木寺公民館・城の守護神として祀られた八幡神社境内で農道?と側溝が南北に走る線が西面境界と思えるが、開墾され更に圃場整備等が成され判然としないが、北・東・南隅をコの字形に囲む内堀跡に沿って屈曲した高く分厚い土塁線や、田圃の中に遺される方形櫓台? が明確に遺る掻き上げの城です。
   濠跡と土塁が廻る掻き揚げの居館:正面に黒井城を望む
画像

明智の陣城茶臼山城(本陣であったとも!?)や其の東に隣接する付城の惣山城・棚原城の北方・県道69号線(春日栗柄線)国領へ抜けるバイパス道の側にあり、水田の拡がる中に忽然と現れる高土塁に囲まれた方形居館跡が冬枯れ時期や耕作の苗代準備が進む季節には周囲の雑草が刈られ観察できる絶好の時期かも。
  濠跡・土塁の先(正面)に茶臼山城と背後(左上)に譲葉山城<仮称>や中央奥の尖峰で仮称・四ノ山砦<天ヶ嶽砦>
画像

居館は黒井城の支城として、室町後期:野村氏三代の居城といい。天正年・黒井城と共に野村有久の時に落城し没落したたとされますが、本当だろうか?。此の野村城の西・僅か300-500m程の距離をおいて、明智光秀が黒井城攻略の付城群が在り、周辺を黒井城攻略軍に囲まれ孤立している野村城が援護無しに残っていたとも思えません・・?。少し離れて三尾城(赤井直正の弟:幸家の城)等も在るが・・!!。城史や場所の地図等の詳細は下記のブログやHP記事を参照ください。近くで昼食を済ませ、後から参加の”口さん”とは道の駅「おばあちゃんの里」で落合って東中城【三尾山城への登山口で発掘調査された河津館が隣接するが県の遺跡分布図には<位置が違う>載せてない】に向かいます。

以前のブログ http://40437108.at.webry.info/200903/article_12.html
  〃  棚原城  http://40437108.at.webry.info/200907/article_3.html
HP  http://tanbakiri.web.fc2.com/TANBA-higauchi-siro-docu.htm#nomura

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック