塩山城(止々呂美下城)  箕面市

近畿の山城(大阪)編に塩山城(岡ノ上城・止々呂美下城)として、また塩山城・青龍寺の北丘陵上の城砦遺構を止々呂美城としてリスト整理していた箕面市の山城では、箕面グリーンロードのバイパス北口(止々呂美)付近では、第二名神自動車道 ・箕面IC工事の為の事前遺跡発掘調査中で、市や工事関連では止々呂美城とされる塩山氏の居城。
  止々呂美下城(岡の上の城・塩山城)の二ノ丸から主郭
画像

未訪だった青龍寺北方・簡易郵便局東丘陵上の砦遺構や尾根続き最高所付近の平坦地形を含めて城砦遺構とすれば止々呂美城としていた城名も、遺跡分布図等を未調査の為不詳。
    二ノ丸北東角の土留石列
画像

箕面グリーンロードのバイパス北口付近の丘城を止々呂美下城(岡の上の城・塩山城)・山上尾根部の砦遺構を止々呂美上城と当面!?区分しますが、広大な丘城側の下城には曲輪間等に堀切は無く竪堀も見ない?が、山城側は砦規模の小郭だが顕著な堀切を遺す。
     二ノ丸北面切岸の石垣
画像

天正7年(1579)織田信長に離叛した荒木村重に同調した豊能郡領主:能勢賴道らの能勢衆の諸城は、北摂の掃討軍:織田信忠・信澄や中川清秀・丹羽長秀・塩川国満等の攻撃を受け落城していきます。止々呂美城(止々呂美下城・塩山城?)には塩山平右衛門正秀・馬場城(止々呂美中城とした砦か?)には馬場常陸介賴方が、能勢町の片山城には塩山肥前守信景が拠っていたと云う・・・。
   主郭の土塁・曲輪(正面に日枝神社跡石碑)
画像

これらの城は双方の縁筋を通しての策士・策略が功を奏して、合戦に至らず開城されたと云う。止々呂美下城(岡の上の城・塩山城)の広大な主郭跡は日枝神社の跡地で石碑が立つ。土塁や曲輪は崩れ、神社跡地に遺る石垣遺構は後世の神社建設に附随するものか?。しかし高い切岸下に拡がる二ノ丸の殊に北東の切岸やきをた下方の段曲輪(畑地・果樹園跡?)に遺る石垣・石積・石列は改修含め往時のものと思われます。
止々呂美上城(砦)の堀切・土塁
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック