盃状穴 丹波

延喜式内社高座神社は,今は廃れたとはいえ養蚕と土木技術を此の地に伝え広めた阿利氏(秦氏とは婚姻関係にあり・・・!!?)を称え祀ったといわれ、阿利氏が”蟻の伝説”となったものか”蟻の宮”とも呼ばれ、古くは養蚕で栄えた地で”蚕の宮”とも呼ばれています。
画像

此の神社に奉納されている綿貫重吉(丹波佐吉の弟子)の狛犬がユニークなので以前のブログに紹介していますが、此の丹波市青垣町東芦田は細見綾子の出生地で、「でで虫<かたつむり>が 桑で吹かるゝ秋の風」等の句碑が立つ。
画像

神社の本殿 ・社務所に向う石段参道の分岐(踊り場)からの石垣や足下の石段に注目です。御神徳を仰ぎ「蟻の宮・蚕の宮」として崇められてきました。人々が悩み・苦しいとき神社に参拝し、祈り願を掛けますがその折・手水鉢や石燈篭の台石・階段の踏み石等にノミで穴をあけて祈ったと云われ、また其の穴に油を注ぎ祈ったとも・・・其の証が今も盃状穴(はいじょうけつ)として残っており、 赤くマーキングされているものもあります。
画像

病気治癒や子宝に恵まれ子孫繁栄や死者の蘇生をも願い、再生や不滅のシンボルとして信仰されてきた盃状穴は、神社や寺院の境内の置き石や手洗い鉢の縁・灯籠の台石・・等々に彫りつけられている小さな窪みで、直径も深さも数センチ・小さな盃状の形状から盃状穴と呼ばれ、古墳の石棺蓋石からも発見されている。全国に遺される盃状穴の信仰は明治維新後も残り、昭和初期まで造られていたと云われますが、この様な信仰・風習・風俗等に関しては、宗教や民俗学的にも・未だ解明されていず、加えて追求・研究されている人も少ないようで、忘れられた信仰の石盃状穴は其の存在さえも見失われそうです!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック