北条の宿 加西

北条鉄道:北条町駅から北へ、北条の宿<加西市北条町北条>の町並を抜け奈良時代に建立された住吉神社・酒見寺を通って五百羅漢へ、その北方・県道23号に出て中国自動車道高架を潜ると北丘陵上には小谷城が在る。
画像

加西市北条町は中世〜江戸時代には北播磨地方の中心的存在として、古くより山陽道・山陰道を繋ぐ西国街道の要衝に在って宿場町として、住吉神社・酒見寺界隈も門前町として栄えていた土地柄だけに、寺町や旧街道筋の通りには古い町並みが今も遺され、其の繁栄を誇り・贅を競い趣向を凝らした建物には卯建(うだつ)や虫籠窓を見せる町家が、宿場町の名残を残す。
画像

江戸期の北条の町は町の形が飛んでいく雁の姿に似ている為「雁村」と呼ばれていたと云う。其の首の付け根からから翅の部分が現:西国街道”北条の宿”付近か?。緩やかにカーブする街道筋に沿った街並み。
画像

塗屋造りの屋敷・千本格子や虫籠窓、卯建や職人の技が冴える漆喰の鏝(こて)絵を探してみるのも楽しみ。以前のブログに丹波:篠山市内のウダツの街並みに漆喰絵を探してみたことがあったが・・。
画像

木造り2階建て<屋根裏に設けられた部屋”つし”がある>・切妻造・棧瓦葺の平入りの町屋:高井家住宅は保存されている鬼瓦から推測される嘉永4年(1851)の建築で、主屋(母屋)と土蔵が平成18年3月:国登録有形文化財に指定されています。一階部分に出格子・二階に虫籠窓と伝統的な外観を残す。歴史的な景観を形成する建築物として評価されています。【北条鉄道沿線散策マップ(北条町駅周辺)を参照】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック