井根城 綾部

上林川沿いに府道1号線(小浜綾部線)を走り、赤坂城沼ヶ谷城赤道城梨子ヶ岡城を、先日は東中山城佃城折山城へと、口上林地区を訪城し、其々に当ブログやホームページ「丹波霧の里」・「別冊丹波霧の里」にレポートしています。
  井根城唯一の遺構が凄すぎるU字状の大堀切
画像

先日:府道1号線の十倉交差点(折山城へ向かった)を直進して、十倉名畑町から伊根町への標識に従って幅狭い井根川沿いの谷間の車道を進むと、辻堂橋に着く。谷沿いは農道となり、集落へは橋を渡り前方の丘陵上に続く急斜面をツヅラ折れして登っていく車道を見上げる。集落入口の此の高台に稲荷社が祀られているが、丘陵側は高く垂直に切り落され、車幅一杯の車道が斜面に沿って左カーブしてゆく。集落内の狭い車道に面して駐車スペースが確保出来る所は殆んど無さそう、辻堂橋南詰めの駐車スペースに車を預けて歩く方が無難の様です。
   主郭南西尾根側の小曲輪切岸
画像

稲荷社の建つ高台自体・井根川沿いの一箇所だけ開けた井根集落への進入道を監視出来る位置にあり、北背後の”寺の段”≪先のブログ:日円寺石造五重塔のレポートを参照下さい≫の民家背後の丘陵上に井根城への登城口が有ります。
   集落入口を堅め監視する稲荷社の物見台!!?
画像

蓮ヶ峰へ続くと思える石仏群が点在する山道沿いに進むと、僅かな低段差で主郭!!?に乗る。幅広く長い平坦地形(幅約8-12m程・長さ約40m程)だけの主郭は尾根続きの端に、井根城における唯一の城址遺構と思えるU字状の幅があり・深く長く堀込まれた大堀切がなければ、市遺跡分布地図の位置だけでは、トウシロウの私なんかに此処が城址とは気付かないかも、堀切から逆検地して主郭や南西への短い枝尾根上に関連の小曲輪群と推定できるだけ?。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック