波多野甚蔵屋敷

JR篠山口を出てR176号を北進・西古佐南交差点で左折して県道36号に入る。北側に迫る丘陵上には平井山城が在る。”丹波茶の里”味間谷の玄関口で、南方には福井館味間南城、北側には味間北城等が在り、八上城の西方を警戒・防禦する城砦群の一つ。嘗ての延喜式山陰道は京・亀岡側から福住・篠山を抜けるが、柏原・黒井方面へ馬で超えるには険悪な鐘ヶ坂峠を避け、また此の先の篠山川(川代峡谷)沿いの悪路をも迂回する味間から現:山南町阿草へ抜け、佐治川(現:加古川)沿いの氷上回廊を但馬へ向かった。また此の峠を西に進んで東播磨へ通じ戦略的にも要所。
画像

味間地区は丹波茶の生産地で知られ、住吉川沿いに進む味間谷の左右には茶畑が続く。其の”味間奥”の「茶の里会館」と大国寺一帯を会場に:例年6月始め”茶まつり”が行われます。静岡と宇治で代表される日本茶ですが、丹波霧の里で栽培される三田の母子(もうし)茶<篠山市境界>や味間で代表される丹波茶の方が、高級茶葉となる要素が大きいように思えます。
画像

消防団詰所の建物?と火の見櫓が見える「茶の里会館」前バス停の100m程手前右(山手)に篠山市上水道 「味間奥加圧ポンプ場」施設が在り、其の東隣りに:残念ながら!!屋根はトタンに覆われているが長屋門が在り、屋根には波多野家の”丸に十字”家紋がひかる。
画像

波多野甚蔵旧邸の長屋門と云われ、天明年間(1781‐89 八上城落城から約200年)八上城の在った高城山から移植された樹齢425年の松ノ木がある。波多野甚蔵は八上城主:秀治の遺児で八上落城の際女畷を乳母と逃れ、仏門に(文保寺)入ったが31歳の時・還俗して篠山藩主・松平山城守忠国に仕え【味間・大沢・網掛・小野原・市原・木津・黒石の7カ村】の代官に任命されています。味間谷を県道36号で越えると黒谷ダムで播磨:西脇方面ですが、ダムから県道141号を南下すると黒谷・市原・小野原・木津に通じます。 丹南篠山口IC付近が網掛・JR篠山口付近が大沢で、其々の地に八上城砦群の諸城が在る。網掛城は明智方の向城として知られる様ですが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック