ひまわりの丘公園 小野市

中国自動車道・滝野社ICを越えて南下するR175号線(西脇バイパス)は平池公園への分岐「沢部交差点」を過ぎ、東条川を渡って小野市に入る。国道筋の直線登り坂の左手前方に”ひまわりの塔”が見えてくる。
画像

此処がひまわりの丘公園<小野市浄谷町>で、季節により春はレンゲや菜の花畑・秋はコスモス畑が拡がる・・・・。小野市の市花がヒマワリ、高さ50mと云われる「ひまわりの塔」が其のランドマーク・タワーで、一帯の丘陵地:約80000㎡(甲子園球場の約2倍)は平成14年4月多目的公園として開園されました。
画像

園内には四季折々の花が咲く花壇・西洋風・和風庭園や其の花を愛でる小径や芝生の多目的広場、大型遊戯施設の”わんぱく広場”、国道側入口から車道沿いには、飲食施設やJAの農産物直売所での新鮮野菜お販売・商業施設(小野市物産館等)も併設され、車道を挟んだ東側に拡がる畑地一面には季節により、コスモスやヒマワリが咲き誇ります。
画像

追記:小野市の市木ヤナギは伊予国西条・川之江と播磨国加東郡を領し、小野と川之江(西条藩は後に改易)に陣屋を構えた藩主一柳氏(小野藩陣屋(小野城)は承応2年<1653>以後10代にわたり一柳家が加東郡を領し明治維新を迎えています)によるものか・・?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック