譲葉山城 丹波市柏原町

丹波市(旧氷上郡)の政治の中心地は元々・氷上町成松にあった。現:丹波市役所に向かい加古川(旧佐治川)を渡る橋は京橋。江戸期に入り織田家柏原藩陣屋が置かれて以降・丹波市が成立する迄は柏原町が其の中心地。織田家柏原藩陣屋跡・地方裁判所・税務署・歴史民俗資料館・藩校の跡地には法務局が在る。小さな町の歴史を巡るスタートはボランテイアガイドが待機する!!観光案内所のある柏原八幡神社参道鳥居前・木の根橋から車道を挟んで織田神社(前期:織田家三代を祀る)が在る。
画像

柏原八幡神社と其の背後に続く尾根筋に八幡山城があるが木の根橋側から柏原高校前を奥谷川に沿って進むと後期:織田家の廟所があり案内標識もある。奥谷川沿いに譲葉山山頂へは柏原高校ワンゲル部や東奥自治会により整備された登山道があり、集合住宅側から始まる林道入口ゲートを開閉して進む左手車道は織田家廟所東北背後の丘陵上の奥村城(東奥城)へ、谷川沿い右手丘陵斜面には大安寺(東奥)古墳群があるが、谷川沿い正面の宅地(空家か?)側から鉄板の橋を渡るとキリスト教徒墓から登山道が始まる。歩き始めてしばらくで右手に・続いて左手前方にも…幾段もの曲輪が現れ、深く幅広い谷向いにも曲輪段をみる大規模な寺院跡地で、平安時代後期に柏原八幡神社の神宮寺として創建されたという大安寺の跡。其の中核曲輪と思える高い切岸上の平坦段に観音堂が建つ。藤原時代(鎌倉時代)の作風を示す木彫漆箔造りの十一面観音菩薩像が安置されている。北曲輪群の中に大安寺6号墳が在るが古墳の詳細は割愛する。此れより延々…盆も過ぎたというのに一向に高温多湿が修まらない炎天下の:しかも譲葉山の山頂までは国道筋から比高470m以上の登山道。
  数少ない展望スポットから拡大画面<画像クリック>でご覧ください>  [謝] 高八山と藤ノ目は逆です!!
画像
領内が監視出来る位置でもなく之ほどの山上に山城が在る事は考えにくいのかも知れないが、丹波攻略の明智軍の金山城と草山砦との関連を比較してみると、柏原八幡山城と譲葉山に陣城・向城があれば、金山城からは尾根続きに在り、三尾山城を監視しながら・黒井城との中間地点・国領へ通じる短絡ルートにも在る。尾根筋は高尾城(長谷城)・岩戸神社城館へ近いので、黒井城からの援護も受けられず悲運の落城を伝える高尾城は、此の尾根上から攻められたものか?。
 不人気な山の楽しみ方譲葉山(譲葉山城) http://40437108.at.webry.info/200901/article_5.html
改めて譲葉山城を再調査し、参考資料として縄張り略図をT氏の送った。八上城攻めの向城群に競べ、黒井城攻めの付城は天正3年に始まり12‐3箇所築かれたと云うが、天正7年落城頃迄には、更に周辺に落城の城・また其の城を改修し・また新たに築城して、包囲網を強固にしていったと思える城塞に仮称の諸城のいくつかが含まれるのでは…!!?。此処に観る譲葉山城の方形・低土塁だが曲輪四方を囲む・しかも折れを意識した縄張りが丹波の城にはあったか?織豊系縄張りが感じられて其の一になりそうです。
譲葉山城・明智丹波攻めの陣城!!(譲葉山城再調査) http://40437108.at.webry.info/200904/article_7.html
譲葉山城(東郭):土塁虎口   
画像
譲葉権現堂の建つ東郭から西郭(折れを伴う低土塁沿いの西郭を西端曲輪に進み・此の北面から一気に斜面を降る登山道を向山連山へと、縦走路が延びるが登山者のレポートに城砦を意識した記事は未だ見ない。当然山城として城サイトにも、私が紹介したT氏以外のレポートは未だ見ない)
譲葉山城の東郭・西郭や譲葉山西城及び向山連山の四ノ山山上に在る四ノ山砦(天ヶ嶽砦)も仮称で、県の遺跡分布地図にはノーマーク、丹波史はじめ地元の郷土誌史等資料にも登場しない埋もれた古城を、丹波市内だけでも仮称は現在23城塞を数えます。教育委員会には都度の略図等をつけて報告しているが、正式報告は実測図(正確な縄張図)等が描けず、書式が整わないこと・正式な報告形式を知らないが、此れ等の数件は「丹波史懇話会」会員で中世城郭研究者のT氏等の研究報告を受けて認められるのかも…!?。
>譲葉山城<東郭>:土塁囲みの方形陣城
画像
同会の柏原町内会員からも聞いた”城山”と呼ばれている峰に在る譲葉山西城<仮称>も、町史誌や旧郡以降の遺跡調査に記載のない城。秘密裏に進められる向城築城・まして侵入者の敵の城は領地内民衆にとっては逃れるに必死の恐怖の存在だけに、城の存在を示す名が有るだけでも…!!。明智方の降りた丹波(京都丹波含め)の将兵によるものか?。小規模城郭だが二本の堀切が曲輪を分けている。ただ明智方の改修と思える竪土塁もある。更に高所に位置する譲葉山城への登路口を守備する前衛の城砦として築いたものか?…しかし麓の八幡山城と譲葉山城の挟まれて監視される位置でもある。
八幡山城から高八山を経て反射板の有る清水山へ駆け上がる稜線を望みながら、譲葉山山頂を目指し歩き出す。譲葉山城(仮称)Ⅱに続く。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック