新町城 丹波

先日の「うまいもんフェスタと織田まつり」の時代行列の出発予定時間までには1時間ばかり余裕があり、直ぐ近くの丘陵上にある新町城を再訪してみた。
画像

柏原町新町・見長を境する丘陵尾根が譲葉山へと高度を上げながら延び上がってゆく。其の丘陵南西端に天満宮を祀る社へと麓からの階段参道ある。柏原藩陣屋・歴史資料館前からの車道がR176号線に合流する「柏原新町」交差点。手前30m程に建つ石段付きの高燈籠は初代:難波金兵衛(丹波佐吉<後:村上源照信>を養子とし石工に育てた義父)の作。
   主郭に祀られる役行者と不動ではなく毘沙門天像!?
画像

天満宮への参道入口から高燈籠の側を、R176号線と並んで・更に西へ直進する地道がJR柏原駅斜向かい・”からくり時計の太鼓櫓”公園と狭いが観光用駐車場前まで延びていく、なんでもない!!・何もない・・ただの側道だが旧山陰・但馬道です。柏原市街地の中心部を抜けていく街道筋の入口にあっては、丘陵上の城址が足下を通過する要衝監視の砦があった必然性を感じさせます。・・・しかし遺構については・・?
主郭南面の切岸
画像

南端の丘陵頂部が主郭なら城とも呼べない、砦の域を出ない極小規模の遺構ですが、移籍分布図には更に丘陵上に城域は延びていく。ただ平坦地形が随所に残る尾根筋ですが、墓地に転用されていたものか、古い残置墓石に足をとられることも!!・・此方が本来の城跡なら?、南端部の遺構は新町城に連繋する新町砦と推察できるのですが・・・?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック