内神城 三田市

中国道の吉川ジャンクションから・北方の篠山市方面からは、毎鶴若狭自動車道三田西ICを降りテクノパークの交差点を右折すると県道720号線に入る。三田ウッデイタウン〜フラワータウンへと・・・神戸電鉄公園都市線沿いに、片側二車線の広い直線車道が続く。
  内神城主郭東面の二重空堀と土塁
画像

内神城は三田西ICを出て県道720号線に出ると約700m程で・三田物流センタのある「淡路風車<かぜ>の丘」交差点。此処から約300m程の緩やか坂を下りきったところ:上内神交差点で県道316号線と交差する。此の風車<かぜ>の丘から上内神交差点間の坂道東側の低丘陵(比高20m程の丘)の頂部に在った。
  内神城主郭の土塁
画像

三田市郊外の地に有ったが、IC周辺の工業団地と、ニュータウン造成・開発により大きく様変わりした新興住宅地の集合体・ウッデイタウンに挟まれているが、東西に走る県道316号沿いの平野部が、未だ開発の煽りを受けず残る。吉川から三木市・加東市東条へ、更に小野市へ抜ける街道筋は京街道や摂津から山陽道へ出る西国街道等の要衝からは少し外れている様だが、このルートは摂津⇔播磨を結ぶ軍事的にも重要な街道筋。
画像

比高僅かに20m足らず。城址へは取り付きから4-5分も有れば城域を抜けてしまうかも・?と思える程。要害でも無い丘城が民家の直ぐ側に在りながら遺構残存状況は殆ど往時のまま・・・それだけに厳重な防備設備として、高く急斜な切岸・大きく深い二重の空堀と土塁が主郭を取囲む。奇跡とも思えるほどの内神城の遺構残存状況です。
 二ノ丸からの主郭切岸:曲輪が少し南へ突出す部分は横矢掛け遺構か?
画像

城史については築城時期・城主等は不明で、文明年間・堀江氏がいた様ですが、遺構の居城主により大きく改修・改築されてはいますが文献等による城主は何も伝えられていません。里山にありながら廃城後:近世に畑地や植林として改変されていた様子もなく?結果、猛烈な藪地となって遺構が護られてきたものか?。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック