物部城Ⅱ 朝来

先日出掛けてきた物部城・木ノ内城は、生憎の松茸山シーズン中の”止め山”の為、城址への入山が出来無かったため、いまひとつ・天気がスッキリしないが…松茸山が開け:入山禁止が解けた本日・再訪してきた。
 物部城主郭:北尾根側の切岸  
画像

前回の物部城?は播但連絡道路の白い高架橋が見えているトンネル南出口付近上部ではなく、物部八幡神社の背山で、西国ミニ霊場巡りの山道が通じる乳母山?(東屋休憩所が建つ)だった。曲輪段が有るだけで物部城の出曲輪と思えるが物見の砦としての存在価値は有りそう?。
  播但連絡道路(高架)の北上部丘陵に物部城が在った
画像

改めてのトライは物部八幡神社西角からの地区道を北の高架橋に向かう。正面に鹿猪除けフエンス・ゲートが見える。ゲートの手前かゲートの少し奥から左手の丘陵上に木の内城が、ゲート手前を右へ、橋を渡り、高架下部へ延びる作業道を進むと、播但連絡道路(高架)の北上部丘陵部に物部城が在りました。高架下のコンクリート側溝沿いにも行けるが、高架下の作業道を西北に抜け、城址へは西斜面から向かう。
  狭い谷入口も中は谷間も広く石積み段曲輪が…?
画像

小さく短い谷は入口は狭いが直ぐ広くなり・泥濘む平坦段に石積みが覗く。最奥部には4m程の高さの石垣積みも有るが、城の規模からも屋敷・居館跡とも思えない。斜面を尾根鞍部に到達すると、南側直ぐ上部が物部城主郭。鞍部に堀切は無いが、狭い尾根筋の左右に自然地形の竪堀が!!。
  物部城は主郭南尾根側の切岸下部に2-3段の小曲輪があるだけ・・・
画像

最高ピーク地点(蔵山? か倉山か?)標高240mの主郭から尾根南へ3段程の小曲輪が並ぶだけで、前回の物部神社背後の乳母山?曲輪同様に、土塁や堀切・竪堀等防備施設は何もない。物部氏が此の地の地頭として来住し、南北朝期頃使用されていた物部古城?。此の後に寄った木の内城を見る限り、天正期最後の城主:物部治政が拠った物部城は?、此方の木の内城(新物部城)と思えてきた。播但連絡道路工事の事前調査で木の内城は調査されているようなので、調査報告書が閲覧出来れば何かが解るとは思えます!!?。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック