天空の城撮影ポイントⅠ<藤阪峠と大将軍杉>

北近畿豊岡自動車道の和田山ICを降りてR312号を南下し、加都北の交差点を右折して県道136号に入る。円山川を渡り、直ぐ播但線踏切りを越えると右方には竹田城の出城と思われる安井城が見える。此の道路は近年・異常に交通量が増え観光バスさえ入ってくる。R312号で潜ったばかりの播但連絡道路の巨大なアーチが連続する虎臥城大橋を潜った先に、竹田城への案内標識と・片側に縦列する車列が入口まで続く北入口。
画像

竹田城址への入口を左に見送って県道を直進すると三波城が在るが、残念ながら三波地区山林内は松茸山の為入山出来ない。引き返すには惜しいので県道を藤和峠に向かう。急坂のうえヘアピンカーブが連続し、車幅も狭くなるが、途中には岩間から滲み出る「夏谷の名水」の水汲み場もある。此処よりマイクロバスの転回所か!!?、「峠地蔵」を祀る藤和峠が天空の城(竹田城)撮影ポイント其のⅠの展望所。
藤和峠をほぼ中央にして、下方に夏谷の名水・更に県道を進む藤和集落に入る手前:登り坂の途中脇に「大将軍杉」が有るので其処まで行ってみます。
画像

大将軍杉【兵庫県郷土記念物指定:昭和47年<1972>9月1日) 根周:11.6m 幹周:8.37m 樹高:35m 樹齢:650年】朽ちかけて空洞化が進んでいる巨木は腐敗を防ぐため、幹に薬を塗り・風雨や野生動物の侵入を防ぐ為か?扉で覆い・施錠までされている。
文和2年(1353)丹波市青垣町山垣城主の足立遠政の子・藤和が訳あって此の地に隠棲したが、自身の遠祖と同姓の藤原正司が嘗て仮寓した地であることを知った。同じ姓であることに因縁を感じた藤和は、正司を「大将軍」と呼び・其の墳墓の傍らに杉木を植えて神木と崇めた。その杉が生長して今の大将軍杉になったという。
(現地:旧和田山町案内板を参考)
  藤和峠<峠地蔵のバス転回場!!>から竹田城  
画像

山垣城(丹波市青垣町)の足立遠政は全国足立姓の祖とされますが、同じ青垣町に丹波市最高峰の粟鹿山(地元では粟鹿峰・962m)がある。丹波:但馬国境を青垣町大稗から山東町与布土へ峠越えの道が有り、丹波市側に「お杉地蔵」が祀られており伝承が残されています。悲恋を伝える話と、子供の為の!!?むかし話として親孝行な娘としての話ともなっているようですが、此のお杉さんが奉公に出ていたのが此処:藤和でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック