大河の嫁ヶ橋(丹波の民話)

篠山方面からはR176号線「大山下」交差点で篠山川<川代峡谷(渓谷沿い)の県道77号を西走する。峡谷を抜け出た公園キャンプ場先の川沿いに在る旧村営発電所跡地付近が、丹波竜発掘調査現場です。77号線はJR谷川駅手前の山南町太田で、JR踏切りを越えて篠山川に架かる太田橋を渡る。
     画像はクリックし拡大画面で御覧下さい
画像

此の太田橋の川下・左岸(北)にの堤防車道から川岸に突出す竹薮が見える。其の先に大歳神社がある。國相守大明神が此処に遷移されている事や、なんとも迫力と・ユーモラスな綿貫重吉(丹波佐吉の弟子とされる)の特徴的狛犬像が奉納されてはいるが此処では割愛。JR福知山線を挟んで北正面には大河城が、北東方(県道77号が山南町太田で南へ折れ踏切りを渡る交差点)側の丘陵上には西山城が在りました。
画像

川岸の竹薮と大歳神社前付近が”丹波のむかしばなし(第1集)に載せてある伝説の地「大河の嫁ヶ橋」です。
土地や時代が特定出来る程に明確ではなく・登場人物の名が変わっても、素直・素朴・単純でほのぼのとした人情味に溢れる暖かさ等、その内容が大筋で変わらず・全国どこにあっても該当しそうな「おはなし」が民話の世界なんでしょうね。
画像

それだけに「むかしばなし」の舞台となる場所が限定され残される例は少ないかもしれませんね。まして狐と人との交流を描く民話では…? 嫁ヶ橋は”狐の恩返し”ものがたりですが、兵庫の山城(丹波市)にリスト・アップしている山南町谷川の高瀬氏屋敷も屋敷の主が狐だったと…!!?   
      

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック