門村構居 Ⅰ 多可町加美区

西脇市の北方・多可郡中町に出て杉原谷に沿ってR427号を北上すると案楽田で、東方には妙見山に延びる
二つの尾根が有り貝野城と尾根中程に送電線鉄塔の建つ段ノ城が有ります。妙見山から篠ヶ峰続く山並みとはR427号線・杉原川沿いの平野部を挟んで、西方には遥かに高く優美な姿の千ヶ峰が姿をあらわしてきます。千ヶ峰〜マタニ山~三国山へ神埼・朝来・多可の郡境尾根となって播州峠で篠ヶ峰から竜ヶ岳の稜線につながります。
画像

この二つの山稜の挟まれた長い谷間に杉原川が流れR427号線は播州峠を越え丹波市青垣町に入ります。加美町役場を過ぎると豊部地区の北奥に西方から延びる稜線の東に高く、緩やかな山容の峰が見えます。此の峰が地元で杉原野山と呼ばれ・杉原氏の門村構居の詰め城と云われる笛草城(門村山城)があったところ。居館と詰め城がセットの中世山城ですが、城址が明確な割には…なぜか山城への山城ファン訪城者も、地元の調査も充分では無さそうで、郷土誌史にも詳細レポートを見ない様です。
画像

門村構居と笛草城の城主は杉原兵太夫安久とされ、R427号線「門村」道路脇に墓碑が立つ。その北方の山麓には元在った観音堂を改築して杉原氏の菩提寺とした浄居寺が見える。門村構居は寺と東側一帯「カマへ坪」存在するが、領主:杉原氏と城史の詳細は不明。天正2年三木の別所長治等によるものか、翌天正3年貝野城等の在田氏を滅ぼした東条谷の別所重棟(秀吉に付き後:但馬八木城主になった)等によるものか?、滅ぼされているが、墓碑や城址案内板には”杉原兵太夫安久”の名しか出てこない。
  門村構居の長く深い三重連の土塁と空堀
画像

”兵庫の城紀行”の城リストに杉原九左衛門?の名をみる。浄居寺は観音堂を天文5年(1536)浄居庵としたことに始まるともいう。永禄8年(1565)安久が改築して浄居寺を称したとあるが、既に30年の隔たりがある。城史を知らず推論ですが…播磨赤松氏は守護代:浦上氏の内乱・弱体化していた頃か?。杉原安久一代の城なのか?在地土豪とも思えないが此の地の立地条件【但馬側黒川から生野峠を丹波へ・播州峠から播磨・摂津へ繋がる街道筋でもあり、生野鉱脈が延びる妙見山周辺の鉱山】からは鉱山と銅精錬技術と街道筋から但馬山名氏との関連は否定出来ないと思われます。単に推論(邪推かも?)は門村構居レポート内で…。
    杉原兵太夫安久の墓碑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック