後谷山城南郭 丹波市氷上町

  後谷山城:西尾根曲輪のヒカゲツツジ<キバナシャクナゲより背が高い…?>とミツバツツジ?
画像
後谷城(後谷館・赤井館・下野城)の”詰城”として白山山頂部の白山神社跡地が後谷山城の主郭とされている様ですが、黒井城落城により荻野・赤井始め丹波の国人は悉く滅亡・敗走した後:白山城址には文禄元年(1592)白山神社が奉斉されたが造成に因るものか往時の城遺構は曖昧になっています。
   低土塁を廻す後谷山城南曲輪(三角点峰)
画像
しかし南尾根側の三角点峰には曲輪端が切岸を落とし低土塁が囲み、南と北切岸には土止めの石積みが見られ、高い切岸下方にも曲輪が備わり、粗雑だが高見城三ノ丸にも見掛けた「古い石積み技法」の石垣が遺る。
画像
現在の尾根筋と数m横にズレるが、此の南尾根の南郭も祠跡・石垣上部が祠への参道で一折れして主郭?(祠のある三角点峰)に入る登城道だったか?。単に祠跡なら平坦地形の端を切岸を切って落とすことはなさそう・まして厳しい急峻な尾根を辿ってくるルートだけに参道の為に此れ程の労力を掛けてまで石垣積み参道を築くだろうか?。
  南曲輪切岸の土留石(南面・三角点石標柱側)
画像
祠跡平坦地は本峰の白山山頂部の神社跡地より広いので、土止め石で補強してまで曲輪を拡げ確保する必要は無かったようにも思える?。
  南曲輪主郭北面:高い切岸下方の袖曲輪
画像
堀切等で城域を遮断して防備を徹底する施設も無さそうな白山山頂神社跡を主郭とするより、むしろ単郭の城だが白山山頂からは鞍部を隔てて近く、北尾根筋は幅狭く左右は激急峻に切れ落ち南下方からは、山麓からの山容でも判断出来る程の急斜面の連続で、要害性の高い此の南曲輪(仮)の方が詰城との様な気がする…?
画像
白山山頂が主郭の場合・西尾根山頂近くに曲輪が数段有るが堀切等は無い(埋れかけた堀切らしいものは有る?)が、唯一・篠ヶ峰に繋がる北尾根続きは、曲輪下部に石塁(石積み)がある。
  北枝尾根上の曲輪(背後の石積みとヒカゲツツジ<キバナシャクナゲ?>)
画像
白山への一般登山道(後谷ルート)と分かれて北へ落ち込む尾根筋にも3-4ブロックに2-3段の曲輪遺構?があり曲輪背後を自然石・石積みと思える切岸を備えた所もある。綺麗に残る5段連続する段曲輪だが城域に堀切・土塁を見掛けない。此処では”擂り鉢”と思われる陶片を見掛けた。
       後谷山城南郭
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック