後谷西砦 丹波

黒井城主:荻野(赤井)直正【幼名:才丸】は荻野十八人衆と呼ばれた武家集団:荻野氏の本拠朝日城の盟主にと乞われ養子に迎えられた。其の後の勇猛と軍を収束し躍進するリーダーとしての手腕は此処で語る必要もないほどに知られます。
後谷西砦?の連続する古墳墳丘部は切岸のない曲輪状
画像

此の才丸こと荻野(赤井)直正の父が後谷城主赤井時家で、其の父:赤井伊賀守忠家が赤井一族の本拠として赤井野に築いた後谷城(後屋城)<居館>は現在の白山神社境内に遺る本殿前の空掘と大土塁に囲まれた内部で、車道や(わんぱく?)子供広場横から後谷稲荷への参道は堀跡か?。四方を土塁・堀で囲まれた居館の南側や(わんぱく?)子供広場を含む西方へと、広大な敷地に武家集団の屋敷や畑地があったと思えます。
画像

居館の後谷城と詰めの山城「後谷山城」がセットの城域全域は、山城自体が縄張り等調査研究は実施済みとは思えますが詳細不詳。山頂の白山神社が主郭と考えられている様ですが?、西尾根側・北尾根側の曲輪群や、鷲住寺背後の東尾根末端付近に在る後谷砦遺構等が有るが、後谷城以外は各遺構の所在も県の遺跡分布調査には表記されていない。
画像

後谷城関連遺構を探して今回:一帯を続けて走破してみて白山頂より単郭では有るが南尾根側の三角点峰(此処も祭祀・祠跡だが)の南郭が要害に囲まれ石垣・石積み・高い切岸と曲輪…等が纏まっており詰城の高城主郭と考えたが、此の尾根筋先端部も後谷城に通じる。後谷東砦とは後谷谷川を挟んで丁度東西に正対する位置には、同様に長い平坦地形が尾根上にある。
  後谷山城南郭(主郭)の北面石垣(一折れして主曲輪に入る虎口部)
画像

隔離した南郭(主郭)と白山神社側の北郭・北尾根上の曲輪群が大手道(後谷谷川)の詰めを守備し、大手道の入口付近の警備・後谷居館や氷上盆地の監視を兼ね後谷東砦と後谷西砦が在ったと、後谷稲荷社から急斜面の尾根筋を辿り目標の緩斜面に向かう。目的地付近は殆ど自然の平坦地形・幅は狭い(4-6m程)が、そのまま曲輪に使用出来そう。三段程の段曲輪が先端部に有る。片堀切や埋もれかけ浅くなった堀切状。砦の遺構…と思えたが:いずれも切岸はなく自然に崩れた溝と段差は経16-20m程の小中規模の古墳と其の周濠とも思える。しかし山上北尾根曲輪群と比較してみても・殆ど手を加えることなく使用出来そうで後谷西砦?として保留しておき、主郭の南郭へと詰め登ります。
  後谷西砦?(小規模の古墳群) ↓

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック