漣   丹波市 

●此の”漣(柏原町母坪)”は閉店。2015年7月に新しく「県立丹波年輪の里」内の旧レストラン奏旬館を改装して移転し”ウッデイハウス-漣”柏原町田路)として営業していたが暮には此処も閉店していた!!。
丹波警察署からR175号線に合流する稲畑交差点に出るR176号(柏原・南多田バイパス)沿いにあった漣(さざなみ)<丹波市柏原町母坪>はバイパス道を挟んで、昨年(2012)10月にオープンしたザ・ビックエクストラ氷上店の向かい。以前の飲食ブログの初期に紹介していた常来園(中華)の北隣・棟続き平屋で数軒のテナントが並ぶ一角の空き店舗(以前は居酒屋だったか?)をリフォーム。2013年5月に新装オープンした定食の店で、カウンター席を囲んで12-14席程と、お年寄りや子連れには円卓を囲み3-4人程座れる小上がりの席が利用出来た。
画像

ランチメニューには当初:つぼ鯛や鯖等の煮魚、サンマ・鮭・鯖等の焼魚三種が定番の日替わり定食!?だけ。大皿に10人前程なので早々に売り切れてしまう。尤も各種カレー(シーフード・牛すじ・野菜・カツ・海老フライ等)が、お店側のお勧めの様だったが?。定食・カレーともにサラダと食後にはアイス珈琲等のドリンクも付く。その上:ポイントカードのスタンプも満杯(12回分)になったので、次回は食券として使用出来る。
画像

器までよく冷えたサラダに主皿・惣菜(二皿)と漬物・味噌汁とボリューム感があるうえ、さらに白飯のお代わり自由とは!!・・・。最後にドリンクが付いて・・・満腹のうえに安くて・美味しくて、小さいながら”和”の店内は赤と黒を基調の壁掛け・柱・壁色も落ち着く。同年末には柏原駅近く国道筋には漣と同じリフォーム会社による新店:幌加内そば「そわか」が開店。「漣」での”おかあさん”が頑張っておられ、店のオーナーだとばかり思っていたがスタッフの一人だった。個人経営で此処まで安価で良品を提供される熱意・努力を称賛したい。 
  この日のメニュー例
画像

地図の場所は以前の店名のまゝの様です!? ↓

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック