伝:黒田城 西脇 

有名な人物には出生から諸説・異説が有り、小説等でも様々に紹介される武将に、姫路城の城代:黒田職隆の長男として姫路に生まれたとされるのが通説の黒田(小寺)官兵衛孝高がいる。家系を誇ろうと身分の高い人の血を受け継いだ形式の系図を盛んに作った時代もあったようで、豊臣秀吉が氏素性:権威を高める為・公家の近衛家猶子となり藤原氏に改姓する例もある。・・・・・豊前国12万石大名で中津城主となった黒田氏も二つの系図があり信憑性が問われ真意は薄れます。  
  地元で黒田城とされる(伝黒田城)主郭:右端祠は櫓跡か?
画像

小寺(黒田)官兵衛は信長の命を受けて天正5年(1577)秀吉の中国征伐に従って転戦していた頃に小寺姓から、もとの黒田姓を名乗った様です。NHKドラマ化が決定し既に各ロケ地での撮影が進められているが、西脇市では黒田官兵衛の生誕地を西脇市黒田庄町(多可郡から2005年西脇市に合併された)の黒田城としてPRされています。黒田氏は近江伊香郡黒田邑(村)説があるが、多可郡のうち:現・西脇市黒田庄町に播磨赤松氏の庶流【赤松円心の弟円光を祖とし其の子(弟)重光】が此処に来住して黒田氏を名乗った播磨黒田氏説を、地元隣接の私的期待もあるが・下記資料からも有力とおもわれます。
画像

黒田庄町の公会堂(区有文庫)から発見された”黒田城系図”・荘厳寺所蔵の本黒田家略系図等の資料からは孝高は播磨赤松氏庶流黒田氏7代目黒田城主・黒田下野守重隆、母は比延常範【近在の土豪:比延山城の三ノ丸居館レポート内の比延氏一族か?】の女の次男として天文15年(1546)黒田村で生まれ、乞われ姫路の小寺職隆の養子となり、御着城主:小寺氏の家老となり、羽柴秀吉の参謀役となったと云う。
  伝黒田城主郭:丘陵尾根筋の黒田城砦群内に主郭部が在った?
画像

伝:黒田城(地元でも此処を黒田城とされているが、天狗山:小苗前山山城の南尾根筋の最先端部に位置しており、此の尾根上に点在する黒田城砦群?の一つと考えます)、加古川を挟んで西方に姻戚関係にある石原城が在り、永禄年間頃:黒田城と戦い黒田城は落城し北播磨の黒田氏は滅亡したものか?。此の戦いには丹波の赤井氏等が石原城側に与力しているが、事の詳細知らず。二男孝隆が小寺職隆の養子となった後の事。天狗山南尾根上が主郭とされる黒田城も石原城にも平坦地形以外に明確な城遺構を見出せない・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック