姥が懐遺跡 黒田官兵衛生誕地

NHK大河ドラマ化(2014年度)の決定により西脇市黒田庄町を”軍師黒田官兵衛”生誕地としてPR、以前より黒田城跡の案内標識が立つ伝:黒田城周辺が俄かに慌ただしく感じるのは気の性かも!!。放映前なので未だ其の存在も知名度も低いが・・・
「伝黒田城跡」への登城口(稲荷社へは溝谷(北谷川)に架かる参道橋を渡る)から山裾を回り込む整備された歩道には官兵衛生誕地PRの幟旗が靡く。通路沿いを約100m程進んだ先:田圃の奥に姥ヶ懐と書かれた案内説明板付の看板と”黒田官兵衛生誕地”石碑が立つ。
画像

黒田城主郭を含む尾根上の城砦群と伝:黒田城が兵庫県遺跡分布図に、黒田庄町遺跡地図に黒田構居(多田構居?)が加古川線と加古川に挟まれた田園地帯の中に在る?が、城主の居館についての遺跡表示をみなかった。(軍師:官兵衛の大河ドラマ化により!? 未確認ながら推定地に案内説明板が設置された様子?)
画像

観光パンフ等で・・・秀吉の軍師:黒田官兵衛は「黒田(小寺)職隆の長男として姫路に生まれた・・・」の通説記事を見る!!?。アレ・・・官兵衛は此処:黒田庄町の黒田重隆の二男として生まれ・請われ姫路御着城:小寺政職の養子となり、重臣として姫路城代になった・・・と、諸説はあるが・・・なにはともあれ再訪した荘厳寺の案内板により、字の姥ヶ懐に屋敷跡?を訪ねてみた。
 黒田城麓を南から西北へ廻る溝谷(北谷川)を濠とする姥が懐(城館跡?)
画像

黒田城主の屋敷跡とされる姥ヶ懐遺構は;県遺跡分布等に記載なく発掘調査の手も入っていない様だが、城主居館推定地としての条件は整っている。南から西北へと北谷川が加古川へ流れ出る溝谷を濠として、広い2-3段の田圃内に家臣屋敷・最奥の高低差も一段高い位置に姥が懐(黒田家屋敷跡)、此処に黒田官兵衛誕生地の案内板・石碑が立ち庭池も復元されたものか?
遊歩道の先が伝黒田城の北尾根続きの鞍部に出るが、フエンス外側は堀切。堀切が有事の際・山城へ詰めるための堀底道にもなっている。地元案内板の伝黒田城(稲荷社)は砦規模・本城とするには疑問も多く、天狗山への尾根上に遺る!?黒田城砦群や石原城とも関連した調査を待てば、疑問も少しは解消するのかも・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック