ひかみ四季菜館

北近畿豊岡自動車(春日和田山自動車道)・氷上インターを抜け北上する加古川(旧佐治川)沿い、氷上町の平野部中央に忽然と現れる小さな独立丘陵は、丹波のむかしばなし鬼が担いできた二つの山の甲賀山と明治山(共に標高150-170mの独立小丘陵であり、史実は不明ながら共に城砦であったかも・・・?。
  北近畿自動車道(左)・正面に穂壷城と高見城を望む
画像

嘗て繁栄した街道筋の面影を残す成松の商家群に囲まれる甲賀山(高岡山)の東裾に丹波市役所が在る。一方の明治山(犬岡山)柏原藩主として国替の織田信休が藩邸を建てる適地を視察し、国元の宇陀松山城にも似た場所でもあり有望視されていたが、加古川氾濫の様子を見て諦めたとか。
画像

此の犬岡山の南東500m程・加古川を挟んだ斜向かいに氷上さくら公園がある。さくら公園へはR175号とR176号(多田バイパス道)が合流する稲継交差点から北へ直進する県道7号線が春日和田山自動車道・氷上インター出入口を抜け”市辺南交差点”で、県道109号・成松への直線道路に左折し、
画像

自動車道高架を潜っ先(橋の手前)交差点の南西角一帯が公園。築山上部の木組みの展望台が砦の物見台風。北に犬岡山(松井某の居城?)・東に幻の氷上城(霧山城)・西に弘浪山(高山寺城)白山(後谷山城)・南には穂坪城高見城・・・等が望まれる。
画像

此の「氷上さくら公園」内には丹波の四季を通じて、地元で採れる旬の新鮮野菜・果物・花木の苗木や切り花・手芸や木工の加工品等・・・農産物直売所ひかみ四季彩館<氷上町犬岡>があり、新鮮で安全・安心・安価をうたい農家グループ自ら生産・持込み・早朝(AM7:00-)から運営されているが、施設内にお母さん達
グループ「企業組合氷上つたの会」が運営する小さな食堂がある。
画像

スタッフ2人一組で担当日を持回り・その日の定食を腕に縒りを掛けて、創意工夫された惣菜が供される。予約が必要な弁当の注文も多い。食堂入口にも巻き寿司・漬物や梅干・種々ジャム等の手造り品が置かれている。四季菜館を利用し始めて10年程になるが発足して14-5年になるらしい。つたの会は市内各所のイベント出店、新鮮・安心の信頼から四季菜館の直販は最近都市部へと・・・販路は拡大しているよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック