三寶寺 丹波市

先日のブログ”ひかみ四季菜館”から真南の高みに目立つ尖峰が望まれる高見城山は南北朝期の嘉暦2年(1327)仁木頼章により築かれた丹波最古の城の一つです。仁木頼章は室町幕府の管領を努め建武2年(1335)足利尊氏より 丹波守護職を任じられます。
また天正期:明智光秀の丹波攻めに落城した最後の城主赤井五郎の黒井城の支城としても知られる城山です。先月より幾度か黒田孝高(後の官兵衛・如水)誕生地としてブログ紹介したが、孝高(黒田官兵衛)の兄で黒田城(西脇市)最後の城主:9代目治隆を攻め落としたのが石原城主と高見城主の赤井五郎(赤井直政の甥)。
画像

その高見城山への登山口丹波悠々の森にはアウトドアのレジャー施設や、以前のブログ(一旦廃止していた)で紹介していたレストラン”ベル・ピーマン”やロッジがあり、周辺一帯には幾つかの古墳群が点在しています。県道290号を柏原町柏原や大新屋側から新井神社前を直進する丹波悠々の森の入口の広い(空地?)駐車スペース前で分岐する左手が悠々の森へ、直進する目前に簡素な山門(四脚門)が見える。
画像

臨済宗妙心寺派三寶寺<丹波市柏原町大新屋>は過去のブログでも隠れ紅葉の名所として紹介済ですが・・・静かな境内の紅葉観賞を楽しんできた。
  過去の三寶寺関連ブログ  ↓ 
 紅葉の隠れスポット「三寶寺」     http://40437108.at.webry.info/200711/article_28.html
 隠れ紅葉の名所 13  三寶寺Ⅱ http://40437108.at.webry.info/201012/article_2.html
 ベル・ピーマンと三寶寺の紅葉   http://40437108.at.webry.info/201111/article_14.html
画像

高見城山への登山口は”悠々の森”側が一般的ですが、三寶寺から・高見城城主で丹波守護ともなった仁木頼章の(伝)墓所からも禅座坂(峠を北へ越えれば東鴨野城(家臣屋敷)・新井小学校)から尾根伝いに東鴨野城(高見山城の出城!!)を経て、悠々の森からのルートと合流して高見城山に向かう。
丹波悠々の森-高見城山⇒ http://tanbakiri.web.fc2.com/TANBAtakami-siro-docu.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック