Dining Cafe六無斎 丹波市

以前は寿司「喜作」ビルだった1Fに気になるカフェを見つけた。三丹(但馬・丹後・丹波!!)一と云われる柏原厄神祭の度、柏原市内の伯母が此処:喜作の鯖寿司を取り寄せてくれていて、土産に持ち帰るのが10数年来の慣例になっていたが、駅前のビルにも割烹喜作が在り入口フロントに鯖寿司がPRされており、此方は健在。
画像

新しく開店した店は:昼ダイニング・カフェ&夜はJ’Bar(JAZZ BAR)六無斎<丹波市柏原町柏原>は柏原自治会館(旧教育委員会)の向かいに在る。
画像

(追伸) いつも帰り際には調理の手を休めて送ってくれるマスターだが、6月(2016)末に伺った際・どうもいつもとと様子が…!!…と思っていたが、其後:週ごとに前を通り掛かるが「休業中」が1ヶ月以上続いている。西宮に居た頃よく知っている町の在住者だったので、知人にも紹介し・よく通った。入口に[休み]表示もなくなった?。絶品のエビピラフの味も忘れられず…8月中・偶然○○店で出会ったら、店は閉められたが別場所を探し再開を目指すとのことなので、営業再開を心待ちしています。
木の根橋丹波市役所柏原支所(大正期の建造)を南へ一筋目を東入る。珍しい店名だがオーナーの心境とも合うところがあるのかな、高山彦九郎(尊皇思想家)・蒲生君平(儒学者で尊王・海防論者)と共に寛政の三奇人の一人林子平は海防の必要性を説く軍事書「海国兵談」の出版には自ら版木を彫り自費出版したが、幕閣以外の者が幕政に容喙(ようかい:差し出口)する事は御法度であり、発禁処分となり版木も没収され蟄居させられた。      
画像

蟄居中に「も無し 無し無し版木無し も無けれどにたくも無し」と心境をよみ嘆き、自ら六無斎(ろくむさい)主人を号した。
今年(2013年)8月にオープンしたばかりだが、平日のランチ時は本日のスープ・サラダ・パンOr飯。メインディッシュはどれも美味しくて安くて・個人的には好きな濃入珈琲付きなのでサラリーマン向き。官公庁街!!?なので雰囲気はそれなりに良く落ち着いているが、既に昼時は流石に混んでいる。
画像
  
店内は木枠の間仕切りで、テーブル席と厨房に正対した長いカウンター席に分けられている。話し好きそうなマスターとの対話席の様な・・・?、聞けば私たちの住んでいた室川や散歩に出かけていた広田神社の近くの方。話はしなかったが互いに阪神大震災の被災者。晩秋の候・気早いがクリスマスソングがもう流されていた。BGMは勿論JAZZで・・・
 煮込みカレー(ランチにはサラダ・スープが付く)
画像

私も・勿論オーナーも好きな’60年代MODERN JAZZが主流・・・ホールに置かれたJBL4425(だったか?忘れた)にツイーターが別注外付けされているフロントスピーカーで、古き良き時代に戻ってジックリJazz音楽を鑑賞したいものですね。
画像

(追伸)2ヶ月振りに訪問してみると「チリメンじゃこ」だけしかなかった?と思った”気まぐれランチ”は4メニュー程、さらに極く最近・特別メニューも始められていた・・・今日のハンバーグランチは熱熱で柔らかく・ジューシーで以前に増して美味しかったと(妻曰く) 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック