童子山公園 西脇

童子山南麓の県道54号線沿い「豊川町五差路交差点」に来住家住宅・梅吉亭・情報未来館21が在り、県道54号沿い東側には採光を考えて建てられている”ノコギリ屋根”の織機工場跡を利用しての播州織工房館がある。
画像

西脇市出身でグラフィックデザイナーとして活躍された画家横尾忠則氏については、つい強烈でシュールなポスター画を連想するが、ライフワークとして西脇市内や東京都内で描かれた画集「Y字路」シリーズでもよく知られるところです。其のY字路が横尾忠則氏が通った県立西脇高等学校(当時は童子山公園北西麓:市立図書館付近に在った)への通学路となっていたと思われる、来住家住宅の西近く・童子山トンネルへの北方・播州織工房館から”椿坂”へと北に向かう車道途中にも、其の題材となったY字路に建つ住宅地がある。
画像

童子山公園-寺山-観音寺のレポート内に皇子山南麓のY字路画像有り→ http://tanbakiri.web.fc2.com/HARIMA-NISIWAKI-siro2-docu.htm#terayama
椿坂(右のWeb最終行付近に画像添付)→ http://tanbakiri.web.fc2.com/HARIMA-NISIWAKI-siro2-docu.htm#kisi
椿坂は近くに大塚古墳があり、古墳探索後に椿坂から童子山公園北東麓の駐車場と総合市民センター南側から図書館方面への車道に抜け出た事がある。
画像

童子山公園の丘陵部を北から南側へ抜けるトンネルがある。北出口に先に記した駐車場・南へ抜けると直ぐ側に機殿神社がある。トンネル上を境として、東側には菖蒲園か湿地池や”こども花壇”もある広い芝生公園。トンネル上に西側は北の肩に勤労福祉センター・南麓の愛染明王堂へ下る散策道があり、尾根近くには半壊・倒壊した石龕祠が点在する樹間の道。
  西脇市勤労福祉センターと其の南側斜面
画像

此の樹間を抜ける散策道から童子山公園の最高地点へ向かうと、コンクリート製休憩施設?、屋上への階段を登れば休憩施設?上は西脇市街地(旧中心地?の野村付近)一帯が一望の展望
台。
  展望台への丘陵上散策道から愛染明王堂へ下る分岐店
画像

北へ続く遊歩道を下っていくと檻舎があり数種類の鳥が飼われている様子。こども用の遊戯施設もある。東へ進んで西脇市勤労福祉センター前に出る。道なりに降れば市民グランド。北西を進めば公園内ブリッジを渡って2Fの図書館・郷土資料館前の広場に出る。ブリッジ側の1F・2Fを突き抜けて長い円筒棒状のモニュメントがフーコーの振り子(物理学者フーコーが地球の自転を此れで証明した!!)です。詳細はWeb検索でとうぞ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック