いづも庵本店

R175号で穂壷城北東麓を抜け、R176号多田バイパスと合流する稲継交差点の西手前・稲継西交差点を左折し”ゆめタウン”西を抜けひかみ四季菜館の北で交差点を右折すれば県道7号の合流する市辺南交差点(西)手前(約50mほど北側)に建つ一軒家の店が目指すいづも庵本店<丹波市氷上町市辺>。
画像

車道側の大きな「そば うどん」のサインボードが目印。真北約300m付近・霧山西山麓には僧:意春の碑と経塚がある。三木城主別所長治の菩提寺住職だった意春が別所吉治(三木城主:別所長治の叔父・重棟の子)と丹波路に逃れ此処に住んだとされ、経塚は丹波最大のもの。
画像

また慶長20年(1615)大阪の役の戦功等により丹波国に此の地を領した吉治により築かれた十六丁畷(加古川の氾濫を防ぐための堤防)が遺る。
ブログ本筋に戻して:以前のいづも庵はも少し北方のV字状「市辺」交差点を東に入った?ところの古民家風?が本店だった。
画像

何十年前の事だったか忘れたが、古民家内の薄暗さが。今様だったら古民家カフェに人気があり・超人気店になっていたことでしょう!!。現在地に移ってからは、稲継交差点付近の病院や買い物に母を連れ出した際・移転したばかりの店には時々立ち寄った。
  冬季限定:猪肉丼とミニ饂飩を・・・
画像

人気店に変わりはなく、店を挟んで北側にも駐車場は有るがランチタイムは何時も満杯。新本店移転オープン時から、入口中央で「大きな猪(剥製)」が出迎えてくれる。左側に座敷が、右手に4人掛けボックステーブル席、窓に向かい4人掛けカウンター席がある。
画像

ボックス席やテーブル・梁をそのままに吹抜け天井も高く、木目調の木地が落着き・窓の外には霧山から南北に延びる丘陵尾根を望み・明るく且つ開放感もある店内。メニューも多く丹波黒大豆を使った料理や、丹波の地元産そば粉を使用の丹波竜そばがき(平日のみ)・冬季限定の猪肉丼(ミニ蕎麦か饂飩付)がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック